こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

メールのウイルスチェックのやり方

メールのウイルスチェックのやり方を教えてください。
ウイルスバスター2004を使用しているため自分でチェックする必要はないのですが、それはそれとして、自分で行うウイルスチェックの方法も知りたいのです。

こうやればいいのでは?と思えるのは、
1、メールをファイル保存してそのファイルをチェック。
2、トレイファイル(拡張子dbxのもの)をチェック。
このぐらいです。

1の方法は正直面倒ですし、2の方法だとメールチェックというよりトレイチェックになりますが、これでもちゃんと各メールのチェックは出来ているのでしょうか。
そもそもメールはどこに保存されているのでしょう?
メール単位ではなく、やはりdbxファイルとして、トレイ単位で保存されているのでしょうか。

見当違いなことを言っているかもしれません。
自分で行うメールのウイルスチェックの簡単なやり方を教えてください。

投稿日時 - 2005-03-09 22:41:13

QNo.1260269

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

ウイルスはどこからやってくるかといえば
A)メールのウイルス感染添付ファイルとして
B)ウイルス感染したHTML形式メールとして
C)P2PやWinnyなどのインターネット上のファイル共有やチャット経由
D)ネットワーク内のファイル共有から感染
E)ウイルスが仕込まれたサイトへのアクセスによる感染
F)HPやFTPサイトから感染ファイルのダウンロード
G)ポートスキャンして見つかった開きポートからウイルスやスパイウェア(トロイの木馬)が送り込まれる
H)感染PCで保存されたファイル保存記憶媒体から
など
現在のウイルスはメール経由以外に多数の感染経路があります。

>メールのウイルスチェックのやり方を教えてください。
メールのウイルスチェックだけでは不十分です。
PCの中全体のウイルスチェックが必要です。

◆ファイルのチェック
 ハードディスクのウイルススキャンして駆除できる。
◆メモリー中で活動中のウイルスのチェック
 RAMメモリ:電源が切れれば蒸発
 電池でバックアップされたメモリ:電源が切れても生き残る
 専用のウイルスチェックツール
◆CD-ROM/Rに焼かれた媒体の中のウイルス:削除できない。
 検出された場合、そのCDは使わない。

などがあります。
 ファイルの形で保存されているウイルスはウイルススキャンで検出可能です。CD-ROM/CD-R/CD-RWなどの場合は検出は可能ですが駆除はできない。

ということで、自分で行えるウイルスのチェックは
●ファイルスキャン
 ファイル単位、フォルダー単位、ドライブ単位で行う。

>そもそもメールはどこに保存されているのでしょう?

 受信メールの受信トレイ(受信簿)はデフォルトではメールソフト(メーラー)がインストールされているディレクトリの中にあります。
 メーラーによって保存する場所は変わりますし、保存する場所も設定できるメーラーもあります。ですから一概に何処とは言えません。どうしても知りたい場合は
スタート→検索→ファイルやホルダ→開いたダイアログで「探す場所」:メールソフトがインストールされているドライブ と「ファイル名の全てまたは一部」:受信メールのファイルの拡張子 を指定して検索を掛ければ受信トレイの場所が見つかります。
 zz7777さんの質問の1と2のチェックも同時にしてしまいます。
 しかし、1と2のチェックだけでは不十分です。
 ウイルスはHPを閲覧した時取り込まれた一時ファイルの中にも取り込まれ、利用者が自分でダウンロードしたファイルにも含まれている可能性がありますので、ハードディスク全体をスキャンしないと意味が有りません。
 ウイルスバスタでは日時を指定して自動でウイルススキャンすることをしますが、手動でウイルススキャンをすることもできます。
▲手動スキャンの方法
 ウイルスバスター2005の場合
  ウイルスバスター2005のメイン画面を開く
  →「ウイルス検索開始」ボタンクリック
 
●メールの送受信時のチェック
 ウイルスバスターでは自動で行う方法しかないようです。
 
ウイルスバスターには回答の最初に述べたA)~H)のケースについて自動で対応してくれる機能があります。
ただし、ウイルス発生直後に数日間はウイルスに対して無防備になる可能性があります。これにはインターネット上のセキュリティ情報を収集して対応しなければなりません。

というわけでウイルスバスター(2005)は余りにも自動化されていて個別のスキャンがしにくいソフトです。

ウイルスバスターに相当するはNortonのInternet Securityでは、手動と自動化の両方できめ細かな操作ができます。

最後に、正規にウイルスバスター2004を購入されている方はトレンドマイクロ社のダウンロードサイトからウイルスバスター2005インターネットセキュリティを追加料金無しでダウンロードできます。セキュリティ機能が上がっていますので下記参考URLからダウンロードしてインストールされバージョンアップされることをお勧めします。

参考URL:http://www.trendmicro.co.jp/support/vb/index.asp

投稿日時 - 2005-03-10 00:52:26

お礼

info22さん、お礼が遅れてすみません。
ハードディスクのウイルスチェックは定期的に行っています。
ダウンロードしたファイルもウイルスチェックをしてから開くようにしています。
受信メールの保存先がよくわからなかったので今回の質問となりました。
メールソフト名を書かなかったのは失敗でしたが、OutlookExpressです。
このソフトはやはり受信トレイを単位としてメールを保存しているようですね。
メール単体らしきものは見当たりませんでした。
もっとも、ウイルスチェックさえちゃんと為されるのなら、トレイ単位でも大して時間はかからないので、よしとしようと思います。
ウイルスバスターは、2004は今年いっぱいでサービスが打ち切られるため、それまでに2005にしようと思っていますが、今のところ使いかってが良いので2004のままです。
機能が増えれば仕方の無いことでしょうが、2004より2005の方が初起動に時間がかかるといった書き込みを見たことがありますので。

それはそうと、「ウイルスはどこから来るか?」の箇条書きは、わかりやすくて勉強になりました。
HPを見ただけで感染するウイルスをどうやって防ぐか・・・だけまだ良くわからないので、これから関連ページでも見て勉強しようと思います。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2005-03-11 20:53:56

あなたにオススメの質問