こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

パソコンソフトの半強制的な有料アップデート

2006年2月に3万円ほどするパソコンのソフトを購入しました。
このソフトの特徴として、オンラインでライセンスの登録を行わないとソフトを使用できないという仕様になっているのですが、最近になりラインセンス登録を行おうとしたところ登録が行えませんでした。
サポートセンターにメールで問い合わせたところ
「こちらの製品のサポートは2007年4月にて終了しました。オンラインによるライセンスの登録・削除は行っておりません。この製品を使う場合はUSBキーライセンス方式へアップデートするか製品事態をアップデートしてください。アップデートにかかる費用はUSBが3500円、製品アップデートが5700円かかります」
という旨の内容が返信されました。
結局、このままではアップデートしない限りソフトを起動することすら出来ないということになります。
このようなやり方に違法性は無いのでしょうか?
このメーカーの言うとおりにアップデートするのは納得できません

投稿日時 - 2007-08-07 21:38:52

QNo.3236389

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

質問者様の問われていることが…
1)206/02購入のソフトをオンライン登録して使用していたが、今年04月以降になって、再インストールの必要が生じたので、再登録をしようとしたが出来なかった。

2)2006/02購入のソフトを今年04月以降までインストールせず、持っていたが、いざインストールしようとすると期限切れでできなかった。

二つの場合が考えられるのですがどちらなのでしょうか?
2)の場合だと、開封もしてなかったのであり、契約の許諾内容も読めなかった可能性も否定できません。
会社側と粘り強い交渉の余地も残されていますが…
通常の使用の範囲を超えているので却下されるやもしれませんね。

1)の場合だと、登録の際に連絡先も必要なはずであり、メジャーバージョンアップの通知もあったかと思います。
ソフト名など不明ですので断言ができませんが、会社側がいろいろな手段でサポート打ち切りを前以て告知していれば、それは有効になります。

投稿日時 - 2007-08-07 22:07:39

補足

回答ありがとうございます。
私のケースの話の前に、この製品のライセンスに関する考え方について補足いたします。
まず、この製品を使用するためには、インターネットに接続された状態で製品に付属しているライセンスキーを入力します。
そして送信ボタンを押すとWindowsのアクティベートのようなイメージで、PCの情報と一緒にライセンスキーを管理サーバーへ送信します。
それによって他のPCにソフトをインストールして利用するという不正使用を防いでいるという仕組みです。
もし他のパソコンで同じライセンスキーを使ってソフトを使用したい場合は一度ライセンスの削除を行い、他のPCにインストールしてそのPCからライセンス登録を行う必要があります。

今回私は、購入後すぐにインストールをしてライセンス登録を行いました。((1)のケースです)
しばらくして、PCの調子が悪かったのでOSの再インストールを行いました。
そのときに、私はライセンスの削除をしないままOSの再インストールをしてしまいました。
そして、最近になりそのソフトをまた使用する必要性が出てきたのでインストールをしてライセンス登録をしようとしたら"すでに登録済みなので使えません"という内容で蹴られました。
つまり、管理サーバーに登録されている情報はOS再インストール前の情報なので私が持っているライセンスキーはそのPCからでしか認証してもらえないということです。
こうなったときは、サポートに連絡したらそのライセンスキーを解除してくれると説明書に書いてあったので、メールをしたらサポート打ち切りのため解除できません、アップデートしてください、ただし有料です、という話になったわけです。

この製品にはライセンス登録のほかにユーザー登録というものがあり、おそらくユーザー登録を行っていればサポートの打ち切りの連絡は来たのかもしれませんが、私はライセンス登録しか行っていませんでした。

長々と補足してしまい申し訳ありませんでした。
この情報で何か参考になりましたら、よろしければまた回答をお願いいたします。

投稿日時 - 2007-08-09 21:35:47

お礼

回答ありがとうございました

投稿日時 - 2007-08-16 22:44:54

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

元となるOS(ウンインドウ)のサポートが 3世代前までだからね。
それ以降のサポートをしていない以上
それにのっかるソフトも それに準ずるのは当たり前。

オンライン・ライセンスを承知で購入している以上
当然の結末だが?

投稿日時 - 2007-08-07 22:05:21

お礼

回答ありがとうございました

投稿日時 - 2007-08-16 22:45:12

ANo.1

有料製品の場合バージョンアップすると前製品のサポートは遅かれ早かれ終了しますね
買ってすぐライセンス登録するのが基本です それによってバージョンアップ、サポート、製品の情報などが送られてきます
今回の場合もサポート終了のお知らせは何度か配信されてたと思われますが登録されてなかったばっかりに気づかなかったということだと思います 違法性を問うのはむつかしいですね
再度粘って交渉されてもダメでしょうかねぇ・・

投稿日時 - 2007-08-07 21:52:13

補足

回答ありがとうございます。

この製品は、ライセンス登録とユーザー登録の2種類があり、ユーザー登録をしていたらいろいろなお知らせも知ることが出来たかもしれませんが、私はライセンスの登録だけしかしていなかったのでメーカーからのお知らせメールは受け取ることが出来ませんでした。

皆さんの意見を参考にして思ったのが、確かにウィルスソフトなんかは1年ごとにアップデートしないと新しい更新データがダウンロードできない仕組みになっているので、そう考えたらこの製品のアップデートも普通なのかなぁ、と少し思いました。
でもウィルスソフトの場合は古いデータでよければ一応使えるけど(あまり意味ないですが)、このソフトは起動すら出来ないから悔しいですね。
3万円もして買ったのにアップデートしなければ何も出来ないですから。

このソフトはシミュレーションソフトで資格の勉強のために購入しました。

投稿日時 - 2007-08-09 22:09:39

お礼

回答ありがとうございました

投稿日時 - 2007-08-16 22:45:27

あなたにオススメの質問