こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

副詞節中の現在完了

I watch TV after I have done the dishes.
(私は食器洗いをした後テレビを見ます。)

という文がありました。これは、have done the dishesは時・条件をあらわす副詞節中では使うことができない未来完了will have done the dishesの代わりだというのはわかるのですが、
「watch」と主節が現在形になっているのは、よくよく考えると変な気がします。
もともとの文章は(もとの文を明確にするためにわざとwill(未来完了)を副詞節に使った非文にしたのですが)
I watch TV after I will have done the dises
だと思うのですが、これは主節が現在形なのに副詞節は未来をあらわしていておかしいと思うのです。直訳しても
「食器洗いをしてしまっているであろう後に私はテレビを見る」
となって変だと思います。これが
I will watch TV after I have done the dishes.
だったら主節も副詞節も未来をあらわすので統一されていて納得できるのですが・・

どなたかご説明願います。

投稿日時 - 2008-04-17 19:15:24

QNo.3955225

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>I watch TV after I have done the dishes.
(私は食器洗いをした後テレビを見ます。)

結局、英語も日本語も、ある特定の一回きりの行為を表現する方法と、現在の習慣的な行為を表す表現が明確に区別されていないため、kirara826さんのような疑問が出てしまうのだと思います。過去の習慣的行為は、I would/used to go there after work.:「仕事の後、よくそこへ出かけたものだった」のように、習慣的行為であることをwould/used to ではっきり示すことが出来ます。

なぜ、現在形だけが一回きりの行為も、習慣的な行為も、または、近未来を示すことまで出来てしまうのか、それは、現在のことであり、それだけ、コンテキスト、つまり、文脈とか、状況がはっきりしているからでしょう。日曜日の朝に、I go to school after ( I have/eat )breakfast at seven.と言われても、日曜は学校が休みだからこれは習慣のことを言っていると判断がつきます。

もう一つ、物事の前後関係を示すために、完了形や過去形を使うことがあります。実際の行為を示すのではなくて、一種の論理関係を表すためです。
Discovery sonsists of seeing what everybody has see and thinking what nobody has thought. :「発見とは、誰もが目にしたことを見て、誰もが考えつかなかったことを考えることだ。」

ご質問の、
>I watch TV after I have done the dishes.
も、「皿洗いをした後に、テレビを見る。」と言う意味で、ある特定の一回きりの行為を表現したものではなく、現在の習慣を表現したものであり、I have done the dishes は、「皿を洗い終わって」のような完了と言う感覚を強調しただけです。
なお、I watch TV after I do/did the dishes.でも正しい英語であり、意味も全く変わりません。ニュアンスの違いはありますが。

また、こういう問題を回避するには、after doing the dishes のように、ing形を使う方法があります。個人的には、この形が一番、間違えがなく、簡単だと思っています。

投稿日時 - 2008-04-18 18:43:43

お礼

返事が遅くなってしまい申し訳ありません。

物事の前後関係を示すために完了形にすることがあるのですね。なるほど、そう考えれば納得できます。例文も示してくださって分かりやすかったです。

ご回答いただきありがとうございました。

投稿日時 - 2008-04-20 01:07:27

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

>I watch TV after I have done the dishes.

○ 「after」に導かれた副詞節で用いられた「完了形」は、基本的に「任意の時点における完了」の意味を持っています。(「経験」、「継続」の意味は含まれません。)ただし、「完了形」にしなくても、英文としての意味はちゃんと通じます。完了形を用いた場合には「~してしまった(後で)」というニュアンスが加わるだけです。

 (1) I watched TV after I 【had done/did】 the dishes.
   ※ 過去が基準です。
 (2) I will watch TV after I 【have done/do】 the dishes.
   ※ 未来が基準です。
   ※ 【  】部は、未来の「will」がとれた形です。
 (3) I watch TV after I 【have done/do】 the dishes.
   ※ 現在が基準です。

○ お尋ねの英文は、上記の(3)に当たります。「do」ではなく「have done」にすることによって、「皿洗いを終えてしまった後で」という程度の意味を持ちます。(ただし、「do」を用いた場合とまったく意味が異なってしまうわけではありません。)

○ 「完了形」自体に「反復」の意味があるという説も、確かに一部の文法学者(たとえばyespersen)の中にはあります。しかし、それは使われている接続詞が「after」ではなく「when」の場合ではないでしょうか。しかも、その説自体に疑問もあるようです。下記の英文では、「完了形」の方にではなく、「When」の中に「Whenever」の意味が含まれているのだと言われています。

 ※ When I 【have been】 in London, I have seen him pretty often.
   「ロンドンに行くたびに、私は彼によく会う。」

>また、時・条件をあらわす副詞節でなくても、たとえば名詞節でも現在完了にしてよいのでしょうか。

○ もちろん構いません。その場合には「after」が導く副詞節の場合と少し異なり、完了形が本来持っている「完了」、「経験」、「継続」の意味のどれかを表すことになります。

投稿日時 - 2008-04-18 23:03:50

お礼

返事が遅くなってしまい申し訳ありません。
ご回答いただきありがとうございます。

>また、時・条件をあらわす副詞節でなくても、たとえば名詞節でも現在完了にしてよいのでしょうか。
○ もちろん構いません。その場合には「after」が導く副詞節の場合と少し異なり、完了形が本来持っている「完了」、「経験」、「継続」の意味のどれかを表すことになります。

このことについて、また疑問が沸いてしまいましたのでまた新たに質問をさせていただきましたが、今回の質問の回答についてはこれで締め切ろうと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-04-20 00:56:31

ANo.5

No.3のtaked4700です。タイプミスがありました。

Discovery >>consists<< of seeing what everybody has >>seen<< and thinking what nobody has thought. :

>> <<の個所です。

投稿日時 - 2008-04-18 18:50:04

少しわかりにくかったかもしれませんが,
>現在形でもいいところを現在完了
と申し上げた通り,
after I have done ~というのは未来完了の代わりの現在完了ではないということです。

未来ではなく,反復的な習慣を表す「現在」の代わりに強調的に現在完了になっています。

わかりにくければ,毎回の反復的な完了ということでかまいません。

投稿日時 - 2008-04-18 10:25:29

補足

ご回答いただきありがとうございます。

未来ではなく、反復的な習慣をあらわす現在の代わりに現在完了を使うのですね。初めて知りました。

>現在形でもいいところを現在完了
とおっしゃっていますが、これは反復的でなくても現在完了にしていい、ととらえていいのでしょうか?
実は、(すみません、うろ覚えですが)
after he have done it,he wants to go there.
というような文にきのう出くわしました。
また、時・条件をあらわす副詞節でなくても、たとえば名詞節でも現在完了にしてよいのでしょうか。
Please tell me at eight o'clock if she has come or not.
(八時になったら彼女が来たかどうか教えてください)
という文も見ました。

もしこの補足を見ておられましたら、お時間のある時でいいですので、ご回答いただけたらうれしいです。
しつこくてすみません。。

投稿日時 - 2008-04-18 18:07:38

お礼

すみません、補足質問については、また新たに質問をさせていただきましたので、この質問の回答はこれで締め切ろうと思います。勝手を言って申し訳ありません。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-04-20 01:01:52

今日,一回きりのことであれば,
I will watch TV tonight after I have done the dishes. で
have done は未来完了の代用,will watch は未来です。

今回の文の場合は,反復的な習慣を表しています。
watch TV も毎日の習慣で,現在形で表され,
have done という現在完了も,毎回の反復的な完了を現在完了で表しています。

現在時制で,現在の反復的な習慣を表すように,現在完了で,このような反復的な完了を表すことが可能です。

あるいは have done というのは,一種の強調表現とも言えます。
受験文法では扱いませんが,現在形でもいいところを現在完了,未来形でいいところを未来完了にすることにより,意味合いを強調することができます。

このような感覚はネイティブの方にうかがったこともありますし,いつか G さんの回答にも触れられていたような気がします。
日本では一般的ではないため,スルーされていましたが。

投稿日時 - 2008-04-18 10:14:52

ANo.1

>I watch TV after I have done the dishes.
(私は食器洗いをした後テレビを見ます。)

という文がありました。これは、have done the dishesは時・条件をあらわす副詞節中では使うことができない未来完了will have done the dishesの代わりだというのはわかるのですが、

見てのとおりwatchは現在形、つまり現在時制だと思います。つまり現在の習慣を表していると思います。

>「watch」と主節が現在形になっているのは、よくよく考えると変な気がします。

なのでI watch TV every day after I have done the dishes.のような感じです。



>もともとの文章は(もとの文を明確にするためにわざとwill(未来完了)を副詞節に使った非文にしたのですが)
I watch TV after I will have done the dises
だと思うのですが、これは主節が現在形なのに副詞節は未来をあらわしていておかしいと思うのです。

なのでwatchする現在よりも少し昔に皿を洗うので現在完了にして時間差を表しているのだと思います。

I have done the dishes.皿を洗う
I watch TV.そしてTVをみる
という順番です。



>「食器洗いをしてしまっているであろう後に私はテレビを見る」
となって変だと思います。これが
I will watch TV after I have done the dishes.
だったら主節も副詞節も未来をあらわすので統一されていて納得できるのですが・・

なのでこのような話ではないことになると思います。

投稿日時 - 2008-04-17 23:10:16

お礼

ご回答いただきありがとうございました。
参考にさせてください。

投稿日時 - 2008-04-18 18:29:30

あなたにオススメの質問