こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ホテルのキャンセル料って。

いっつも疑問に思うことがあるのですが、
私はよく旅行するのでホテルを利用します。

当日のキャンセルはたぶん100%お支払いすることに
なると思いますが、どうやって請求しているのでしょうか?
名前と電話番号だけとかだと、キャンセル料を払いそうにもないと思うのですが
どうなのでしょうか?

旅行だと事前にお支払いしているからそのうちの差額を返せば
いいと思うのですが。
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください
お願いします。

投稿日時 - 2008-06-11 20:46:20

QNo.4093112

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

まず、キャンセル料は宿泊施設ごとに定められた「約款」に基づいて定められています。
しかし、零細業者まで含めて各施設が法的に問題のない約款を作成するのは困難な為、国土交通省が標準的な約款を定めて、独自に定めない場合はこの内容で定めることになっています。

http://www.tabitakun.com/eyado/yakkan.html
(宿泊契約の成立等)
第3条  宿泊契約は、当ホテル(館)が前条の申し込みを承諾したときに成立するものとします。ただし、当ホテル(館)が承諾をしなかったことを証明したときは、この限りではありません。
2 前項の規定により宿泊契約が成立したときは、宿泊期間(3日を超えるときは3日間)の基本宿泊料を限度として当ホテル(館)が定める申込金を、当ホテル(館)が指定する日までに、お支払いいただきます。

4 第2項の申込金を同項の規定により当ホテル(館)が指定した日までにお支払いいただけない場合は、宿泊契約はその効力を失うものとします。ただし、申込金の支払期日を指定するにあたり、当ホテル(館)がその旨を宿泊客に告知した場合に限ります。

(申込金の支払いを要しないこととする特約)
第4条  前条第2項の規定にかかわらず、当ホテル(館)は、契約の成立後同項の申込金の支払いを要しないこととする特約に応じることがあります。
2 宿泊契約の申し込みを承諾するに当たり、当ホテル(館)が前条第2項の申込金の支払いを求めなかった場合及び当該申込金の支払期日を指定しなかった場合は、前項の特約に応じたものとして取り扱います。

(宿泊客の契約解除権)
第6条  宿泊客は、当ホテル(館)に申し出て、宿泊契約を解除することができます。
2 当ホテル(館)は、宿泊客がその責めに帰すべき事由により宿泊契約の全部又は一部を解除した場合(第3条第2項の規定により当ホテル(館)が申込金の支払期日を指定してその支払いを求めた場合であって、その支払いより前に宿泊客が宿泊契約を解除したときを除きます。)は別表第2に掲げるところにより、違約金を申し受けます。ただし、当ホテル(館)が第4条第1項の特約に応じた場合にあっては、その特約に応じるに当たって、宿泊客が宿泊契約を解除したときの違約金支払義務について、当ホテル(館)が宿泊客に告知したときに限ります。
3 当ホテル(館)は、宿泊客が連絡をしないで宿泊日当日の午後 □□ 時(あらかじめ到着予定時刻が明示されている場合は、その時刻を □□ 時間経過した時刻)になっても到着しないときは、その宿泊契約は宿泊客により解除されたものとみなし処理することがあります。

別表第2 違約金(第6条第2項関係)

違約金・・ホテル用 (14名まで)
     不泊 当日 前日 9日前 20日前
14名まで 100% 80% 20%   -   -
引用者注)旅館用は別に定めてあリます

つまり、一般的な決まりでは
予約の申込(申込金の請求とキャンセルについての説明)→申込金支払→宿泊
となりますが、申込金を請求しない予約では、キャンセル料に関して説明をしない限り、そもそもキャンセル料が発生しないことになります。
もちろん、標準約款とは異なる規定があれば、その規定どおりとなります。

>当日のキャンセルはたぶん100%お支払いすることになると思いますが、どうやって請求しているのでしょうか?
キャンセル料が設定されている場合、標準約款どおりなら連絡すれば80%、不連絡なら100%です。
上述のように確実にキャンセル料が発生するのは、申込金を払った場合ですので、その場合申込金請求の際に連絡先を聞き出すような仕組みとしていることが多いです。キャンセル料が申込金より高額な場合、不足する額を請求することになります。
申込金を払っていない場合は、そもそもキャンセル料が発生しないケースがほとんどですが、FAXや宿のサイト等経由の場合は宿泊者の連絡先が調べやすいのと、キャンセル料の説明がしやすいのもあって、キャンセル料が設定されることがあります。

そもそも宿にとってのキャンセル料は、空予約により、部屋が提供できなくなる(その分売上がなくなる)ことを恐れて設定しているものですから、(特にビジネスホテルの場合)事前にキャンセル連絡あれば、その部屋を他の宿泊希望者に提供することができ、実害がないこともあります。(従って不連絡の不泊のみキャンセル料100%と設定するところもあります)
そのような事情ですので、宿に直接予約した場合に、早めに直接連絡すると、「今回はキャンセル料は結構です」と言われることも多いようです。
また、宿泊施設は、6条の3項により、チェックイン予定時刻を過ぎれば、自動的にキャンセル扱いして他の希望者にその部屋を提供することがあります。(キャンセル料のないビジネスホテルなどでは、実際に行われます。)
ですので、一般論として(キャンセル料の要否に関わらず)チェックイン予定時刻に遅れそうな時は、宿にその旨連絡しておいた方があらぬトラブルに巻き込まれなくてすみます。

>名前と電話番号だけとかだと、キャンセル料を払いそうにもないと思うのですがどうなのでしょうか?
キャンセル料設定のある場合、最低でも「電話番号」くらいは聞き出していると思われますので、そこに電話が入るでしょう。その後の対応はその時の状況によるでしょう。うその番号だったりしたら、警察に事件として届けることもあるでしょうし、電話でしか請求がないからといって放っておいたら、宿泊業界のブラックリストに載っていたなんてこともあるかもしれません。


おさらいしておくと
宿に直接予約した時
・電話の場合(申込金なし):キャンセル料が発生しないことが多いですが、電話口で説明してキャンセル料を取ることもあります。
・電話の場合(申込金あり):キャンセル料が発生します。通常申込金のやり取り時に連絡先を聞き出す仕組みにしています。
・郵便、FAX、宿泊先のサイト等:申込金の有無に関わらず、キャンセル料の説明をしてキャンセル料の対象にすることが多いです。申込用紙、申込フォームなどで連絡先を聞き出す仕組みが多いです。
宿泊サイト経由の場合
・キャンセル料の対象となり、予約完了時に画面表示されます。宿泊先には予約サイトから連絡先等の情報が入ります。
旅行会社経由の場合
・キャンセル料の対象となります。状況によっては旅行会社に対してもキャンセル料が必要となります。こちらも申し込み時に連絡先を記入する仕組みになっています。

投稿日時 - 2008-06-12 11:38:27

お礼

皆様方ありがとうございます。
すっきりしました。この質問は別に宿泊を
キャンセルするために、しているのではなく
自分の仕事で活かせる内容かと思いまし質問しました。

投稿日時 - 2008-06-12 14:33:59

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

32人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

ホテルではなくて、コテージを前日にキャンセルした時のことなのですが、
ネツトで直接予約・宿泊当日払い、(鉄道会社のグループ企業が経営)

キャンセル料の請求書、郵送されてきました、次回利用時(半年以内だったか忘れた)その金額分、割り引きします。ということでした。

ちゃんと振り込んで、期限内に利用して割引してもらいました、

投稿日時 - 2008-06-12 03:01:24

ANo.2

実際問題として、ホテルの場合、小人数であれば連絡さえすれば、キャンセル料金は不要なホテルは多いです。当日キャンセルは要料金となっていても、キャンセル料金はどうしましょうと話すと、またの機会にご利用くだされば結構ですと言われた経験しかありません。食事を伴うような旅館は、あまりドタキャンをした事がないので経験はありませんが、旅館経営側の知人の話によると、支払うまで、何度も振り込むように電話をかけるそうです。確かに踏み倒そうと無視する人もいるそうですが、結構支払う人は多いみたいです。

ドタキャンの被害が大きいような宿泊施設(ペンションなど)では、前払いがないと予約を受けないところが多いですね。前払いするほど余裕がない直前の予約だと、すぐに折り返し電話があり、生きている電話か確認され、前日や当日に連絡が付く携帯などの電話番号を聞かれ、実際に確認の電話をいただいたことがあります。

投稿日時 - 2008-06-11 22:54:39

ANo.1

予約ルートによっても違うと思います。
例えば、シティホテルなんかで直接ホテルに予約だと、当日の18時までならキャンセル料とらないとかありますよね。ビジネスホテルなんかも、比較的キャンセルポリシーは緩めです。
そういうところでも、ドタキャンリスクを減らすために、前金で宿泊費支払ってもらえるプランで割引サービスしているところも少なくないです。

逆に、そうじゃないようなところだと、あらかじめクレジットカードの番号をとられることが多いです。あらかじめ規約などでこのような場合たしかサインレスで引き落とし可能だったようにおもいます。最近はこの方式が多いんじゃないでしょうか。

ネットの予約サイトなどだと、予約サイトが個人情報をにぎっていたりするので、仮にクレジット番号だしていなくても無視してキャンセル料はらわないと面倒なことになりそうです。

確かに小さなところで、あくまでも信用でやっているようなところだと、あとで振り込んでくださいというとこもありそうですけど、そういのだと最近はトラブルも多そうですよね。民宿なんかだと、とらないとこもありそうですが。

投稿日時 - 2008-06-11 21:07:57

あなたにオススメの質問