こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

本は出版したが、出版契約すらできていません。

ある出版社から本を出版しました。
自費出版や共同出版ではなく、出版費用は出版社持ちです。
文章と写真など比重半々の本です。

ところが出版されて2か月もたつのに、今だに出版契約書すら交わせていません。

製作費が3倍にもオーバーしたのが理由ですが、
発行日が近づいた頃、印税に関しての契約書をお願いしたところ、「初版3000部までは印税なしで協力して下さい」と言われました。

悩み悩んだ挙句、これは呑むことにしました。
構想段階から本書の価値を認めてくださり、何が何でも出版しよう、とたいへん後押ししてくださった恩を感じたのと、これを呑むかわりに3001部からはそれなりの扱いを期待してのことです。

ところが最近、
「5000部まで無印税で」
「いや5000部では赤字が解消できない、印税が何冊目から発生するかはまだ言える段階ではない」と。


質問です。
●印税は出版部数ベースではなく、売上部数ベースは当たり前だ、とも言われましたが、出版界では本当でしょうか?

●本は発行されたのに出版契約書も作ってもらえない、なんてことは出版の世界ではよくあることなのでしょうか。(よくあることが正しいとは思えませんが)

契約書すらないので、契約違反もなにも言えないのですが、
また、教えてGoo!の印税に関する過去の質問をあらかた読みますと、「出版できたことで名誉なのだから素人は本になっただけでよしとしましょう」というのが出版界の風潮かと感じるのですが、
私も、多額の資金をかけ取材した多くの情報・知的財産を「本を作って売る」というビジネスに提供しました。
(結果的にただの口約束でしかありませんでしたが)商業出版ルート、印税方式でと言われここまできたのに、
(当初から「自費出版になるならば諦めます」と出版社とも話ししてありました)
5000部以上売れる見込みなど持てない現状、結局タダで知的財産を提供しておしまい、ではちょっと痛いです。

著作初心者であるにも関わらず、この本の価値を高く評価して頂き、大きなエールを送り続けて下さってきた出版社だけに、
また今後のプランもあるので、あまり強い要求もできず、どうしたものか困っています。

★「最初のお言葉通り3001部から印税を」とお願いしようとは考えていますが、ものすごい反論にあうのは目に見えており、しかし私の求めも至って正当ではないかと思うのですが・・



 ~~~~~~~~~~~~~~~~
いちおう世話になっている出版社なのであまり詳しく状況を書くのもよくないかとも思いますが、相談させて頂く上でやはり必要かと思い、ここまでの経緯、背景を少し説明します。


私は構想段階からこの出版社とコンタクトをとり、出版の可能性を確かめながら、この本を完成させるために数百万円の私財を投入し取材を重ねてきました。そのことは出版社側もよく知っています。

はじめの話し合いで、販促活動も出版社がする、との言葉を頂いていたのですが、
制作費のオーバーが明らかになった(おそらく他の出版本もあまり売れなかったのではと想像しますが)発行日が近くなったころ、
「販売は著者のほうでも頑張って下さい」、と。

もちろん自分の本なのでやぶさかではないので、自分で回れるところはまわっていますが、発売後1ヶ月経っても大都市の主要書店ですらほとんど扱ってもらえておらず、販促用に出版社から無料提供冊数はたったの3冊。あとの販促用は著者買い取りでお願いします、と。(もう30部買いました。出版社はあと50部は勧めています。)


製作費が3倍にも膨れ上がったのは、出版社がつけたデザイナーさん、編集者が、
デザインについて私とろくに話し合いも持たずに、勝手にアレンジしたデザインを初校として完成させ、
当然やりなおしをお願いしたのですが、話しあって合意した修正を反映させず、出てきた「再校」は、これまた初めて見るデザイン・・
そんな調子で結局「再校」が2度も作りなおされた結果でした。

デザイナーさんが一人で突っ走ってしまい困り果てていたその間、出版社に繰り返しの再校づくりの無駄をやめてもらえるよう依頼しても、デザイナーさん側を立てるばかりで、製作費オーバーを抑えられず、
最後にはその赤字の責任を、著者の私が第一に負わされている、としか思えません。

投稿日時 - 2009-02-13 05:36:16

QNo.4713115

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

出版関係の人間ではないので推測が入っていますが――

●印税は、通常は印刷部数ベースです。売れても売れなくても著者に入ってきます。著書で定価の10%、翻訳で定価の8%が基準ですが。それより高くなるか安くなるかは、力関係できまるでしょう。また、はじめての著者・翻訳者の場合は原稿の買い取りということもあります。その場合は増刷しても、著者・翻訳者にもうお金は入ってきません。
まともな出版社なら、最初から一銭も入ってこないというのは考えられないです。企画段階で稚拙な原価計算をしているとしか思えません。

●出版契約書は、出版社によってまちまちです。執筆なり翻訳を依頼するときに必ず契約する出版社もあります。また、その著者を他社にとられたくない場合だけは必ず契約する出版社もあります。契約により執筆者も締め切り等の義務を負うことになりますから、そのあたりは適当なようです。

投稿日時 - 2009-02-16 00:18:47

お礼

こんにちは。

構想段階から私の本のアイディアを大変気にいって頂き、そのため出版社側もその情熱だけで、かなり希望的観測で動き始めたんだと思います。でもデザイナー代が膨大になり、他の企画本でも赤がでたのか、だんだん現実的に考えるようになり最後はあわてて自己防衛にまわっているのだと思います。
まさに、おっしゃる通り、企画段階から甘かったんでしょうね。

良くも悪くも、社長の意気込みと鶴の一声で動いているような会社だと思うので、契約書などきっちりしたものが2の次になっているんだと思います。
印税が一体何%になるのかすらわからないのですが、当初の話し合いでは8%ですら否定的な答えでした。
3000部無印税を呑むかわりに3001部から10%、なら納得いくのですが、今度話合いに挑んできます。
私もいろいろ調べましたが、印税は印刷部数ベースのはずですが、それに関しては「実売部数ベースが当然ですよ!」と一蹴されました。いろいろ読んでも、印刷部数ベースカウントする法的義務もないようで、印刷部数/実売部数の交渉に、有利な切り口が見つかりません。

翻訳をお始めになられたのですね。ご自身のご経験からの貴重な見解をお聞かせ頂き、ありがとうございます。
私も自著の翻訳出版と、関連分野の洋書翻訳にも手がけようとしています。

投稿日時 - 2009-02-16 01:52:57

ANo.1

制作開始段階、あるいは最悪でも脱稿段階で念押し&契約書を交わさなかったあなたがアホだったと言わざるを得ません。

今さら騒いでも後の祭りだと思います。
最初の一歩でナメられたんですよ。
出版社というのは、どこも多かれ少なかれ、自分たちに有利になるように著者を騙そうとするものです。


というか出版に限らず、あらゆる約束というのは反故にされる可能性があるので、きっちり最初から契約書を交わすべきです。

投稿日時 - 2009-02-14 19:30:34

あなたにオススメの質問