こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

 ワードとエクセルの保存場所が分かりません。

 ワードとエクセルの保存場所が分かりません。
 2年ほど前に買ったパソコン(Fujitsu FMV:Vista)を使っていますが、エクセルやワードで文書や表を作ったあとに保存する場所が分かりません。というのは「名前を付けて保存」を選択するとやたらにいろんなメニュが出てきて、どこに保存するかがわからないのです。例えばエクセルだと「Excel ブック」「Excel 有効ブック」「Excel バイナルブック」「Excel 97-2003ブック」「Open Document スプレッドブック」「PDFまたはXPS」「その他の形式」といくつもあり、言葉の意味からして分かりません。ワードにしても同じようなメニューがずらっと出てきて、まったくユーザーにとっては分かりずらく迷惑なバージョンです。(エクセルもワードもoffice 2007) さらに困っているのは、以前保存した文書等を後日開こうとすると「ファイルが見つかりません」と表示されて、開かなくなってしまうことです。せっかく作って保存した文書が開けなくなるのであれば、怖くて保存できなくなってしまいます。ハードディスクはたっぷり容量が残っているので、わざわざUSBやCD-Rに保存するのも癪です。以前のバージョンはこんなに複雑ではなかったのに、なんでこんなに使い勝手が悪くなったのでしょうか。また普通に保存して後日再編集する時にはどこに保存すればいいのでしょうか。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-04-20 22:10:56

QNo.5840049

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

それぞれの言葉の意味は名前の下に簡単に1,2行で書いてある通りですが,主な使い分けとしては

○自分だけで使うブックは一番上の「Excelブック」で保存してください。
○他の人に送るブックで,その人は2007を持っていない場合は「97-2003ブック」を選んでください。
○相手がエクセルを持ってなかったり,あなたが作った表を編集されたくないときは,PDFにすると良いです。

あとはマクロを使うヒト向けとかいずれも専門性の高い用途なので,必要になるまでは使う必要はありません。



>ファイルが見つかりません

マイドキュメントを開いて,あなたが保存したそのファイルを「ここにあるじゃないか」とWクリックして開いてください。

投稿日時 - 2010-04-20 22:52:22

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

『エクセルやワードで文書や表を作ったあとに保存する場所が分かりません。』と書かれている時に見ておられる画面は、Wordの文書やExcelのブックを保存する場合のファイル形式を選択するメニューです。
   
その内容についてはNo.1の方がご回答されている通りですが、ファイル形式を指定しないで、従来通り「名前を付けて保存」ダイアログボックスの表示をご希望なら、キーボードの「Ctrl」キーを押しながら「S」キーを押すか、ファンクションキーの「F12」キーを押してください。(ショートカットキーと言います。)
  
この「名前を付けて保存」ダイアログボックスの上部に「ドキュメント」があると思いますが、これは従来の「マイドキュメント」と同じもので、ファイルの保存場所です。
   
「ワード2007の[名前を付けて保存]時に出るメニュー」
http://d.hatena.ne.jp/ogohnohito/20100326/p1
  
「Word 2007と旧Wordの文書互換性 PART1 」
http://allabout.co.jp/computer/msword/closeup/CU20070223A/index3.htm

投稿日時 - 2010-04-21 12:31:19

ANo.2

2年ほど前ならOffice 2007ですね。

>「名前を付けて保存」を選択するとやたらにいろんなメニュが出てきて、どこに保存するかがわからないのです

名前を付けて保存時の既定のファイルの形式や、保存や開くで表示される既定の場所は、オプションで設定されており、変更することも可能です。
ここに設定されたファイル形式やフォルダが既定として表示されます。
Officeボタン→[xxxxxのオプション]→保存を選択し、ファイルの保存形式と、既定のファイルの場所で設定されています。(xxxxx部分はExcelまたはWord)
既定の場所は、C:\Users\ユーザー名\Documentsになっています。

保存する際の方法ですが、「名前を付けて保存」をクリックすれば、ExcelもWordも既定のファイル形式で既定のフォルダが開いて、保存することができるようになっていますよ。

標準以外の形式で保存する必要がある場合には、表示される種類を選択して保存をするか、ファイルの保存画面のファイルの種類で指定することもできます。
Office 2007になって増えた形式もありますが、以前のバージョンでも多くの種類がありましたよ。
サポートされる種類が増えることは迷惑ではなくて、むしろ便利で歓迎されると思います。

ファイルを開く時、最近使用したドキュメント表示されたものから開くことができますが、ファイルを保存後に場所を移動したり、削除したような場合は、ファイルが見つからないと出ます。
使用した履歴の情報は、ファイルを移動したりしても更新がされないためです。

以前から同じだと思いますが、ファイルの保存や開く場所は、既定の場所の設定はあるものの、自分自身で管理すべきものと思います。
何も考えなしに、都度適当な場所に保存したりすると、後でどこに保存したかわからなくなるのは当然で、ドキュメントの種類別などで保存先のフォルダを分けるなど、何らかのルールを決めてファイルの管理を行った方が良いと思います。
例えば、既定の場所のDocuments(ドキュメント)フォルダの下に、用途別にフォルダを作成して保存してはどうでしょうか。

Excel、Wordなどが扱うことのできるファイルの形式については、ヘルプで説明を参照することができます。
Excelは下記内容がヘルプにあります。Wordは形式ごとに説明されています。

Excel でサポートしているファイル形式
http://office.microsoft.com/ja-jp/excel/HP100141031041.aspx
 

投稿日時 - 2010-04-20 23:42:11

あなたにオススメの質問