こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

和訳の添削をお願いします。

和訳の添削をお願いします。
経済学の内容のため、うまく訳せず困っています。
日本語として不自然な部分や間違った訳し方をしている箇所があれば訂正をお願いします。

文中の「PPP」は「購買力平価(purchasing power parity)」だと思って訳しているのですが、これも間違っていれば訂正をお願いします。この文章はInflation riskを説明しています。

本文)
This risk occurs because the inflation rates in the domestic and foreign economies are uncertain. If PPP were to hold continuously, the real rate of return on the domestic bonds is given by the nominal interest rate less the expected domestic inflation rate. If the latter is uncertain then so will be the real return on the asset considered. Similarly, the expected real less the expected foreign bonds is given the nominal foreign interest rate less the expected foreign inflation rate , if the latter is also subject to uncertainty then so will be the real return on foreign bonds.
If PPP holds continuously and the expected domestic price inflation rate rises, this reduces the expected real rate of return on domestic bonds but does not increase the expected real rate on foreign bonds because the currency will depreciate by the same amount as the expected inflation rate. The risk of holding a domestic bond can therefore be represented as a positive function of the variance in the domestic inflation rate while the risk of holding a foreign bond can be represented as a positive function of the variance of the foreign inflation rate. A greater variance of the expected domestic inflation rate raises the relative riskiness of domestic as compared to foreign bonds and vice-versa.

訳)
国内外の経済のインフレ率が不確かであるので、この危険は起こります。購買力平価が連続的に保つことになっているならば、国内のボンドに関する実際の利益率は名目金利によって期待される国内のインフレ率をより与えられません。後者が不確かかどうかは、考慮される資産の本当の収益です。同様に実際に期待されない外債よりも名目の外国の金利を与え、後者がそれから不確実性も受けて、それが外債の本当の収益であるならば期待される外国のインフレ率です。
購買力平価が連続的に保つ、そして、期待される国内の価格インフレ率が上がるならば、通貨が期待されるインフレ率と同じ量下がるので、これは国内の債権に関して期待される本当の利益率を減らすが、外債の上で期待される本当の率は上昇しません。外債を持つリスクが外国のインフレ率の相違のプラスの作用として表すことができる間、国内の債権を持つリスクはしたがって、国内のインフレ率の相違のプラスの作用として表されることができます。期待される国内のインフレ率のより大きな変化は、外債とその逆と比較して国内の相対的なリスクを上げます。

投稿日時 - 2010-09-29 00:17:31

QNo.6215053

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

> This risk occurs because the inflation rates in the domestic and foreign economies are uncertain.

 どうしてこういうリスクが生じるかというと、国内や国外の各々の経済状態におけるインフレ率が不安定なものである、という理由による。

> If PPP were to hold continuously, the real rate of return on the domestic bonds is given by the nominal interest rate less the expected domestic inflation rate.

 為替レート(PPP、購買力平価)が安定しているものとすれば、内国債の実質収益率は、国内インフレ率を下回る表面金利であるはずである。

> If the latter is uncertain then so will be the real return on the asset considered.

 国内インフレ率が不安定であれば、対象となる資産の実質収益もまた不安定なものになる。

> Similarly, the expected real less the expected foreign bonds is given the nominal foreign interest rate less the expected foreign inflation rate , if the latter is also subject to uncertainty then so will be the real return on foreign bonds.

 同様に、予想される実質収益が外債の予想収益率を下回るとすれば、外債の表面金利はその国の予想インフレ率を下回っているのである。後者が(インフレ率の)不安定さの影響を被るのであれば、外債の実質収益についても同じことがいえる。

> If PPP holds continuously and the expected domestic price inflation rate rises, this reduces the expected real rate of return on domestic bonds but does not increase the expected real rate on foreign bonds because the currency will depreciate by the same amount as the expected inflation rate.

 もし為替レート(PPP)が一定の水準に保たれた状態で予想国内価格インフレ率が上昇するなら、国債の予想実質収益率は減少するが、外債の予想実勢相場が高騰することはない。なぜなら、予想インフレ率に伴って通貨価値が下落するからである。

> The risk of holding a domestic bond can therefore be represented as a positive function of the variance in the domestic inflation rate while the risk of holding a foreign bond can be represented as a positive function of the variance of the foreign inflation rate.

 国債を所有することのリスクは、従って、国内のインフレ率が一定しないことが主要な要因とするのであり、外債を所有することのリスクは外国のインフレ率が不定であることが主要な要因となる。

> A greater variance of the expected domestic inflation rate raises the relative riskiness of domestic as compared to foreign bonds and vice-versa.

 予想国内インフレ率の不安定要素が大きくなれば、外債に比べて国債所有のリスクがそれだけ大きくなるし、その逆もいえる。

投稿日時 - 2010-09-29 15:25:29

お礼

今回も丁寧な訳まで載せていただき、本当にありがとうございます。
大変参考になります!

投稿日時 - 2010-09-29 19:24:32

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問