こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

サイトのディレクトリー登録について

ホームページのサイト登録について教えて下さい。

ようやくホームページを作成したての
初心者です。

以前、google等一部のサイト登録をしたのですが、
一括登録できるサイトにて
再度登録をしてしまうと
問題が生じてしまうのか
ご存知の方いらしたら
教えてください。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2011-01-14 01:10:41

QNo.6446369

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

googleのURL申請を複数回しても、弊害はありません……というか、あまり意味がありません。
クローラボットは基本的にはリンクをたどって読み込みにくるので、「このページも読み込みにきてくださいね」というくらいの情報を渡している程度です。
(巡回頻度を上げようとしつこく申請を繰り返すと、何かしらのペナルティがあるかもしれませんが)

昔は【一発太郎】など一括申請するサイトが重宝しましたが、最近はあまり意味がなくなってきましたね。
被リンク目的で、自動登録ソフトで一気に登録しまくる人もいますが、意味の無いリンクの急増はペナルティを受ける危険性が大です。
初心者の方は、親しくなったWEB仲間にリンクしてもらうのが一番だと思いますよ。

投稿日時 - 2011-01-29 23:12:46

ANo.1

ディレクトリ登録するとどんな良いことがあるのか?
特に有料の場合、高い料金を払うのだから
しっかりと登録する意味を確認しておきたいところです。
そんな方に少しでも役立つように、
有料ディレクトリ登録についてまとめてみました!




【有料ディレクトリ登録のメリット】

=その1 信頼性が高くなる=
有料ディレクトリ登録には厳しい審査を受けなければいけません。
そのため審査に通過するということは、
社会的にも信頼性の高いサイトということになります。
また、審査料こそ高いですが、
一度登録されれば永久的に信頼性が続くので、
長期的に見るとメリットの方が多いはずです。


=その2 検索クローラーがよく回る=
検索エンジンのクローラー(Yahoo!とかGoogle)は、
大手ポータルサイトから回るといわれています。
そのため頻繁にリンク先である自分のサイトにもクローラーが回り、
検索結果に表示されやすくなり、検索上位表示もされやすくなります。


=その3 目に付きやすくなる=
登録されると、さまざまな大手サイトにカテゴリ登録されるので、
単純に露出が高まるというメリットもあります。



【有料ディレクトリサイトの種類と料金】

ここで紹介する料金は「一般的なサイト」の場合です。
エステや健康食品に関するサイトなどは
運営会社ごとに値段も規準も違うのでご自分でご確認ください。

1) Yahoo!カテゴリ

【料金】
PCサイト:料金52,500円
モバイルサイト:料金52,500円
PC+モバイル:料金84,000円

【審査が通った場合の掲載サイト】
Yahoo!カテゴリ

審査料金支払い後、7営業日以内に必ず結果を知らせてくれます。
初回審査で落ちても、30日以内であれば無料で再審査が行え、
審査に落ちた場合はその理由も知らせてくれます。


2) クロスリスティング

【料金】
PCサイト:料金42,000円
モバイルサイト:料金31,500円

【審査が通った場合の掲載サイト】
PCサイト
「goo」「BIGLOBE」「excite」「@nifty」など。
モバイルサイト
「モバイルgoo」「excite」「OCN」など。

審査料金支払い後、7営業日以内に審査結果が分かります。
審査に落ちても1カ月以内であれば何度でも再審査が受けられます。
また、登録不可の理由も知らせてくれます。


3) Jエントリー

【料金】
PCサイト:42,000円
モバイルサイト:42,000円

【審査が通った場合の掲載サイト】
PCサイト
「livedoor」「Fresh eye」「JWord」「TBS」など。
モバイルサイト
「livedoor」「@nifty」「NAVER」「Hatena」など。

登録審査で落ちても回数無制限で何回でも再審査を受けられるのもうれしいポイント。


4) iディレクトリ

【料金】
PCサイト:42,000円

【審査が通った場合の掲載サイト】
PCサイト
「SEO TOOLS」「TOK2」「エコノハ」など。

登録審査に落ちても30日以内なら1回だけ再申請できます。
審査に落ちた場合30日以内に返金申請すれば全額返金が可能ですが、
30日を超すと返金されないので注意。


5) BPNディレクトリ

【料金】
PCサイト:84,000円

【審査が通った場合の掲載サイト】
PCサイト
「ロイター」「時事通信社」「東洋経済オンライン」「プレジデントロイター」など。

登録審査に落ちても再審査が何度でも可能。
期限もありません。登録不可の理由も詳細に連絡してくれます。


6) Site List

【料金】
PCサイト:42,000円
モバイルサイト:31,500円
PC+モバイル:58,800円

【審査が通った場合の掲載サイト】
「カフェグローブ」「SPACE SHOWER TV」「BIKET」など。

登録審査に落ちても1カ月以内なら何度でも再申請が可能。
登録不可の場合は理由を連絡してくれます。


7) SEOタウン

【料金】
PCサイト:39,900円

【審査が通った場合の掲載サイト】
地域情報コミュニティーサイト「e-まちタウン」と、
全国316地域で展開する各タウンサイトのサイトカテゴリ

登録審査に落ちても30日以内なら1回だけ再申請が可能。
登録不可の場合は理由を連絡してくれます。



【まとめ】
有料審査のディレクトリ登録を行うことで、大手サイトから良質な被リンクを得られ、
検索結果にも表示されやすくなります。
なにより社会的な信頼性を得られるというメリットがあります。
個人サイトでは難しいかもしれませんが、
ビジネスとしてサイトを運営

投稿日時 - 2011-01-14 15:02:32

お礼

詳しい回答ありがとうございます!

やっぱり有料にて登録しようか検討してみます。

あと、できれば(こんなに詳しく書いてもらっておきながらすみません)
無料登録に間違って2回登録をしてしまったとしたら
なにか弊害がでるかも
教えていただけると
うれしいです。

投稿日時 - 2011-01-14 21:27:09

あなたにオススメの質問