こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Linux Fedora VLC 動画プレイヤー

OS:LinuxのFedora12でDVD等の動画を見たいので、VLCメディアプレーヤーをインストールしたのですが‥

$> su -
#> rpm -ivh http://download1.rpmfusion.org/free/fedora/rpmfusion-free-release-stable.noarch.rpm

このコマンドを打つと

依存性の欠落: system-release >= 14 はパッケージ rpmfusion-free-release-14-2.noarch (/rpmfusion-free-release-stable.noarch-2) が必要としています

とエラーが発生してしまい先に進みません。この部分のエラを解決できる方いましたら
教えていただきたいです。
※ちなみに、できるPROシリーズのLinux完全活用編(インプレス社)の付属のDVDからOSインストール致しました。参考URL;//www.videolan.org/

投稿日時 - 2012-03-17 00:25:10

QNo.7366401

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

Fedoraの現行は16ですよ。

system-release >= 14
「14以上に、システムアップグレードしなさい。」と、怒られています。(現在は14でもサポート圏外になりましたが。)

fedoraのサポート期間は、1年弱と短めです。
短期間でのアップグレードが煩わしく感じられたなら、分家のcentosを利用された方が良いかも知れません。

投稿日時 - 2012-03-17 01:21:28

お礼

お礼遅くなりまして申し訳ございません。今現在、Fedora16を入れようとしていますが自分の知識不足及びPCの調子も悪く四苦八苦しております。プレーヤーをインストールしてからお礼を入れようと思っていましたが、もう少し時間が掛かるのでこのような形とさせていただきます。ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-04-04 20:47:35

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

CentOSをFedoraの分家と表現するのは、かなりの侮辱ですけどね。

歴史的には、早い時期に大きなシェアを得たLinuxディストリビューションとして
市販のRedHatと、自由を重視するDebianと、よりプリミティブな構築を行なうSlackwareがありました。

RedHatは商用サーバーとして支持されると同時に
フリー版(当時はftp版と呼び習わされていました)もあり、アマチュアにも高いシェアがありました。

やがてRedHatはRedHat enterprise Linux(RHEL)へと改名し、体制を一新しました。
その方針が変更されて、すでに何年も経っていて、そのフリー版廃止と共に生まれたのが
RedHat主導で生まれたのがFedoraCore(現在のFedora)です。

Fedoraは、つまりRedHatのための新技術研究の場としての性質を持っています。
反面、かつてのフリー版のように、商用のRedHatとの互換性が高いわけでは無く
研究や実験の場として、積極的に最新技術を取り込み…
それがゆえに、トラブルの多さや安定性の低下は、RHELとは比較になりません。

半年ごとのリリース、長期サポートされることが無いという性質は、そういう目的を持つためです。


Fedoraを使うなら、新しいバージョンを追いかけるのが必須です。
セキュリティパッチも、12では行われていないはずです。
なぜならば、古いFedoraのためのリポジトリーはさっさと廃止撤去されていくからです。


で、話が長くなりましたが、CentOSは、そういったFedoraの性質を忌避する層に
かつてのフリー版と同様に、RHELに非常に近い無償のディストリビューションとして支持されています。

RHELも、そのほとんどがオープンソースライセンスのもとに実現されていますから
公開されたソースコードを元に、同等のソフトウェアを再構築することも、配布することも自由なのです。
(正確にはロゴ画像やRedHatが権利を持っているものはとりのぞかれています)

こういったディストリビューションはRHELクローンと呼ばれ、いくつか生まれています。
現在では、CentOSよりもScientific Linuxのほうが、若干評判が良くなっています。
いずれにせよ、クローンですからRHELでの設定手順がほぼそのまま応用できます。(逆もしかり)


反面、Fedoraのように、最新技術を追いかけるわけでは無いので
Fedoraじゃないと、手軽に導入できないソフトも多々あるはずです。


最新を追いかけるなら、Fedoraや、同様に半年ごとのリリースを行なうUbuntu、あるいはLinux Mint。
安定と(OSのバージョンアップが)面倒くさくないことを重視するなら
RHELクローンや、Ubuntuの二年ごとに出るLTS版(来月リリース予定)が定番です。

私は、公開サーバーを建てるつもりも無いし、ファイルサーバー程度は何でもできることですから
Ubuntu8.04LTSの頃からLTSを主力として使い続けています。Fedora系は最後に触ったのは4,5年前。

もちろん、Ubuntuで公開のサーバーを作ることもできますし、Ubutntuの派生元である
Debian GNU/Linuxを選ぶこともできます。
Slackwareに代わって、一定の支持を得続けているGentoo Linuxも目的によっては良い選択肢です。

投稿日時 - 2012-03-17 06:48:38

あなたにオススメの質問