こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

USBフラッシュメモリへのデータ移動とフォーマット

Cドライブに画像がたまってパソコンの動作が遅くなってたので、昨日新品の8GのUSBフラッシュメモリに移動させましたが、その時1.5G分くらいのデータ移動に何時間もかかった上に、その後パソコンが固まってしまって“Ctrl+Alt+Delete”からのシャットダウンも完了せず、USBフラッシュメモリを差したまま強制終了させました。

そして今日パソコンを起動させてUSBフラッシュメモリの中を開こうとしたらフォーマットを促され、この時点でプロパティを見ると(確かピンク色の)空き領域が全く無くて、フォーマットして開くと、USBフラッシュメモリの中には何もデータがありませんでした。

そこで質問ですが、これはパソコンの不調のせいなのか、それともUSBフラッシュメモリに問題があったのでしょうか?このUSBはELECOMの新品ですが、Yahoo!オークションで購入したので少し気になります。

そしてUSBフラッシュメモリのフォーマットというのは、使い始める時にしなくてはいけないものだったんでしょうか?

また、昨日の時点で画像データは移動できていたのですが、どうすればデータが消えて無くなる事態を避けられたのでしょうか?今後のために教えてください。

投稿日時 - 2012-06-15 20:12:30

QNo.7535178

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

前回は失礼しました。

>…OSはXPだと思いますので…

PC操作はお仕事などで慣れてらっしゃるようなので誤解しました。
質問の書き方からしてPCに詳しい方かと思いましたが
【前回のリンクは難解なので参考】とういことにしておいてください。

WindowsXp、SP1またはSP2ではUSBの8GBは使えないと思います。
理由は単純に大容量のSDカード(SDHC)や大容量USBメモリーが無かったからだと思います。
必要もなかった。と思います。

まず、OSがWindowsXpかどうか、SP3か確認してください。

マイコンピュータ(コンピュータに名前をつけているならその名前)のディスクトップアイコンもしくはスタートメニューからのマイコンピュータにマウスポインタを合わせ右クリックでプロパティを選択します。
「システムのプロパティ」の「全般」タブをクリックして
OSおよびService Pack2(SP3)などの番号も確認してください。

【WindowsXpをSP3でないならSP3にするまで使わないでください。】
WindowsXp、SP3でUSBフラッシュメモリー何度入れてもフォーマットを促されれば以下を参考にしてください。

Windows XP 8GB を超える SDHC カードを接続すると、エラー メッセージ 『ディスクはフォーマットされていません。』
↓↓
http://support.microsoft.com/kb/944345/ja

上記のリンクのWinXp、SP3修正プロフラム「934428」のリンク先

http://support.microsoft.com/kb/934428

>NTFSフォーマットというのは対象外みたいですね。となると、やはりFAT32でやるしかないんですかね…。

念のため、XpでもHDD(ハードディスクドライブ)はNTFSです。
容量が大きくなればなるほど【exFAT】の方が良いかと思います。
8GBなら私はexFATを使います。←Xpはフォーマットタブに出る

MSサポートで高度な検索exFATを検索しても的確な情報は拾えなかったので断定はできませんが前回のリンクから以上のように考えます。

なお、当然ご存知でしょうがPCは出来るだけ「強制終了」等は避けて、やむなく強制終了した場合は基本的にはHDD(ハードディスクドライブ)をメンテナンスします。
しかし、結構「強制終了」をやられている感じなので、もし、そうならばメンテナンスは返って危険なので大事なデータはバックアップした上で一度PCに詳しい人に診てもらてHDDのエラーチェックなどでメンテナンスしてください。

===根本の回答をしておきます。
そこで質問ですが…
>それともUSBフラッシュメモリに問題があったのでしょうか?

USBには問題はないような感触です。
前回、今回の回答で調べるしかありません。

>Yahoo!オークションで購入したので少し気になります。

昨今、大手家電屋さんで安売りが結構あります。

>そしてUSBフラッシュメモリのフォーマットというのは、使い始める時にしなくてはいけないものだったんでしょうか?

フォーマットはケースバイケースです。
不要なケースもあれば、必要なケースもあります。
USBフラッシュメモリーのパッケージにWindowsXpとあれば原則使えます。

===

参考
USBメモリー、SDカードなど同類です。
SDHCとされる8GBは要注意ポイントです。

SDHCカード
http://e-words.jp/w/SDHC.html

フラッシュメモリを採用するストレージ(規格)
↓↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%A1%E3%83%A2%E3%83%AA#.E3.83.95.E3.83.A9.E3.83.83.E3.82.B7.E3.83.A5.E3.83.A1.E3.83.A2.E3.83.AA.E3.82.92.E6.8E.A1.E7.94.A8.E3.81.99.E3.82.8B.E3.82.B9.E3.83.88.E3.83.AC.E3.83.BC.E3.82.B8.EF.BC.88.E8.A6.8F.E6.A0.BC.EF.BC.89

PS,小生はXpでは前回、今回の様な回答の理由で4GB程度にしています。

以上

投稿日時 - 2012-06-17 15:06:50

お礼

遅くなりましたが、回答の補足ありがとうございました。SP1またはSP2等は聞いたこともないのでWindowsXpだと思いますが、8GBのUSBでデータファイルの保存や移動はできました。

4GBからSDHCというのはあるようですが、それ以上大きい容量でexFATを使う物は必要がないなら手を出さない方が無難な気がしました。もちろん強制終了もどうしようもない時以外はしてませんが、そもそもパソコン本体に問題があったのかもしれませんが…。

投稿日時 - 2013-01-12 23:00:32

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.8

失礼な表現、記載、誤記等ありましたらご容赦ください。

念のための確認ですがOSはXpでいいのでしょうか?
情報が古かったら済みませんが私はXpのUSBは以下の様な認識です。

WindowsXpはリムーバブル記憶媒体に対しNTFSフォーマットはポリシーの関係で原則的にはサポートしてい無いはずです。
回避策が以下ありますが、リスクを認識して扱わないといけません。
FAT32でも制約もあるようです。
どこかに矛盾があるのではないでしょうか?
↓↓
http://nofx2.txt-nifty.com/it/2008/09/usbntfs-d852.html
http://support.microsoft.com/kb/418751/ja

Windows XP での FAT32 ファイル システムの制限
↓↓
http://support.microsoft.com/kb/314463/ja

一応、WindowsXpは注意が多いので他を見るように促されていますが参考まで!
↓↓
http://support.microsoft.com/kb/140365/ja

以上

投稿日時 - 2012-06-16 12:17:32

お礼

>失礼な表現、記載、誤記等ありましたら~

とんでもございません。丁寧なお断りやMicrosoftのサポート・サイトのURLと併せて、他の回答に対する補足をしていただき、ありがとうございます。

1つ前のお礼にも書きましたが、私の使ってるパソコンは富士通のノート(2005年夏モデルのMG50L)で、OSはXPだと思いますので、NTFSフォーマットというのは対象外みたいですね。となると、やはりFAT32でやるしかないんですかね…。

投稿日時 - 2012-06-16 16:47:14

ANo.7

ん?、XPのノートですか?、根本的な問題が2つ推察される。
1つはファイルの管理方法、もう1つはCドライブの割り当てサイズ、2つとも見直さないとダメ!
ファイルを管理、整理するフォルダは、Cドライブ以外の場所に自分で作ること。C(の「マイドキュメント」フォルダ)には、財産であるファイル(自分が作ったファイルでも、ダウンロードしたファイルでも何でも)は置かない。これ大原則!
理由は簡単!、(不測の事態で)OSをリセットするときに困るから。C以外のところにあれば、PCが不調になってもデータは取り出せる可能性が高くなる。
財産であるファイルの管理方法は、リスク管理上、原則2重にすべき。
媒体は外付けHDDが最も低コスト。安い8GのUSBメモリ10本買うのと、1TBの外付けHDDとは値段は大して変わらない。コストパフォーマンスはHDDが明らかに上。ハンドリングは悪くなるが、保存の重要度が低いものにはDVD、BDも使えるだろう。(際限なく溜めるわけには行かないので、当然バックアップだけというのもありだろう...)
1つは内蔵HDDに、もう1つは外付けHDDに、そして外付けHDDはバックアップ処理のときだけONに、通常はOFF。
内蔵HDDのフォルダと外付けHDDを同期(中身を一致)させるツールは沢山ある。(私が使ってるのはRealSync、私の場合完全に2重にしているわけではなく、強いて言えば外付けHDDの方がマスタになっている!)
関連でもう1つ、重複ファイルの整理も重要。ツール(UnDup)を使えば簡単に検索でき、削除も簡単。(どちらもフリーソフト)
もう1つの問題、Cドライブの割り当てサイズ、
Cの割り当てが少ないか?、上の書いたように、ファイル管理が不適切でCが圧迫されている?、場合、これはどうでしょう?、直ぐにできる最も簡単な手は、
「システムの復元」の設定を確認すると判るが、設定サイズの上限はドライブの12%でかなり大きい。ごみ箱も全く同じこと。(こちらのデフォルトは10%?)
割り当て(財布)が大きいと、時間が経てば結局そこまで使ってしまうことになる。どちらもCドライブを圧迫している可能性があるので一度確認を。
また、電源オプションの「システムの休止状態」(こんなの使えなくてもどうってことない!)のサポートを止めれば、直ぐにメインメモリに相当するサイズが減らせる。
最後、こちらが抜本的対策、HDDの領域再割り当て、
もし、Dドライブに十分な空きがあれば、Dを削ってCドライブを増やす(CとDの境界を動かすだけ)ことは極めて簡単!
ツールは「EASEUS Partition Master 9.1.1 Home Edition」(フリーソフト)
http://www.forest.impress.co.jp/lib/sys/hardcust/defrag/easeuspart.html
手順は、
先ず、CとDの配分を決める。例えば40Gなら半々の20G-20G位が適当。もっと大きいときはCを30Gにすれば十分。(XPの場合)
Dドライブを選択し、Dの左端をカーソルで右へドラッグ、
次にCを選択し、Cの右端をカーソルで右へ、CとDの間に出来た隙間を埋めるようにドラッグ、Dの減らした分だけCが増える。
最後にApplyボタンを押してYesを2回、タスクはスケジュールされ、再起動時に領域変更が行われる。

投稿日時 - 2012-06-16 12:00:50

お礼

私の使ってるパソコンは富士通のノート(2005年夏モデルのMG50L)で、ハードディスクの全容量80Gの内、Dドライブが10Gですので、一度メモリの増設(?)もしましたが、やはり外付けのHDD等への保存や、その割り当てというのを変えた方が賢明かもしれませんね。BDというのはブルーレイですかね…。

そもそもOSやデフォルトというのもイマイチ分からず、お恥ずかしいのですが、とにかく大事なファイルならDドライブや別のメディアに保存して、各ドライブ、容量の十数%は空ける必要がありそうですね…。フリーソフトのURLや使い方と併せて、回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-06-16 16:28:28

ANo.6

まず、USBメモリーは保存用媒体ではありません。
データを運ぶための媒体です。

また、いかなる媒体や装置を使うにしても
データは二重化三重化によってのみ保全されます。

すべての保存媒体は、いつかは壊れるもので
また、購入直後に製造上の不備で壊れることもあります。

ですから、バックアップのデータを移す場合
本来、移動操作をしてはいけないと考えられます。

もっとも、ほとんどの場合は、そういった移動方法は問題となりません。

ただし、USBは、もともとストレージデバイスを主目的として作られた規格ではなく
データ保存においての信頼性が高い手段でもありません。

実際に、USB外付けHDDやUSBメモリーの異常は、このサイトでもいくつも挙がっています。


データの保存用としては、LAN接続のNASのほうが高いと考えられます。

USBメモリーやUSB-HDDでは、その信頼性の低いUSBを介しつつ
処理のほとんどすべてをCPUが処理を行なっています。
がゆえに、CPUのトラブルが、直接影響しやすくなっています。

対してNASやファイルサーバーは、実際の保存媒体(HDDなど)への書きこみは
NAS,ファイルサーバーのほうのCPUや、その組み込みOSによって行われています。

ですから、メインPC側で異常がおきて中断したとしても
NAS側では、その時コピー中だったファイルは正常に処理できないとしても
それ以前に書きこまれたファイルについては、正常に保存処理が行われます。
またPC側でも中断した瞬間に処理中だったファイルは削除されず残っているはずです。

当然ながら、正しく使っていれば、かってにHDDのデータが消えていたなんてこともおきません。


もちろん、NASも壊れることがありますから、本当に重要なデータは
NAS二台に保存したり、別途DVD-Rなどでも保存したり
二重三重、できれば遠隔地への送付までやって保存する必要があります。

火災とか地震とか竜巻とか、そういうので壊されることもありますから…
うちは一度、一切が焼失したことがあります。


なお、トラブルの本質は、SSDで問題とされたプチフリと呼ばれる現象に近い気がします。
USBメモリーとSSDは、根本的に同根の技術ですから、特性としてはよく似ています。

SSDでは、小さいファイルを大量に連続書きこみしていくと
途中で、書きこみ速度が異常に低下し
その反応の遅さに、OS側の処理が滞り、一時的に操作不能に陥ることがあります。

フラッシュメモリーでおきるという話は聞いたことがありませんが
おきないという話を聞いたこともありません。


そして、そういったSSDやフラッシュメモリーの内部での処理が滞っている状態で
強制的に電源を断つということは、OSの処理とは無関係に
その保存装置の中で、適切な処理が行えず、異常が発生することになります。
こうなると、OSレベルでは復旧できなくなる恐れもあります。

一応、復旧ツールを試す価値はあると思いますが、あてにはなりません。


ファイルサーバーも、WindowsXPだと、SMB1.0が使えないので
小さいファイルの大量コピーでは、処理性能が低下するはずです。
また、Vista,7だとしても、ファイルサーバー側がSMB1.0仕様であれば同様です。

NAS製品でも、低価格のものではSMB1.0仕様で作られているはずなので
異常に時間がかかることもありえます。

LANを構築する機材の性能によっても大きな差が出ます。

投稿日時 - 2012-06-15 23:18:20

お礼

>データを運ぶための媒体です。

あるパソコンから別のパソコン(もしくはDVD-R等の保存用のメディア?)に移す事が主なんですかね…。

NASやSSDという物がある事も知りませんでしたが、バックアップは何重にもした方が賢明ですね。

ファイルサーバーというのもイマイチ分からず、SMB~というのも改めて質問する必要がありそうです…。回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-06-16 15:54:33

ANo.5

保存という意味で、USBメモリーの選択は間違っています。USBメモリーは、他の保存メディアに比べて、壊れやすいので、どちらかという移動目的に使われることが多いと思います。
大きいファイルなどを移動、コピーされるときは、専用のソフトを使われたほうがパソコンの負担が少ない場合があります。

投稿日時 - 2012-06-15 22:12:05

お礼

回答ありがとうございます。むしろUSBメモリーは良いから、もっと容量の大きい16Gや32Gを購入しようとも思いましたが、やはり不安定な物なんですね。

あと移動において、専用のソフトというのがある(?)とは知りませんでした。用途は違いますが、ネット上の色々なフリーソフトを試した事もありますが、同じようにダウンロード&インストールするんですかね…。

投稿日時 - 2012-06-15 23:10:05

ANo.4

オークションで買ったのに新品とはどういう事でしょう、多分中古でしょう。
USBメモリは高速タイプを選ばないと転送速度が極端に遅いです。
購入時はFAT32でフォアマットされているものが多いですからNTFSでなかったらフォアマットしなおしてください。
強制終了した場合、メモリ自体破損した可能性大です。USBメモリはもともと壊れやすく、静電気にも弱く、バックアップには不安定で不向きです、なるべくCD-RかDVD-Rのようなメディアにバックアップするように心がけて下さい。
USBメモリをスロットに挿したとき[ピコン]と言う音がしませんか?
また、マイコンピュータでUSBメモリは認識されていますか?
もし、認識されていない場合、ご臨終なされた可能性大です。

投稿日時 - 2012-06-15 22:08:51

お礼

>NTFSでなかったら

今日もFAT32でフォーマットしたのですが、他にはexFAT(?)というファイルシステムしか選択できないみたいです。ちなみにオークションとは言え、箱入りの新品だったハズですが、今までUSBはある程度名の知れたメーカーなら容量を基準に購入してました。

でもUSBメモリそれぞれの転送速度が異なり、高速タイプというのがある(?)とは知りませんでした。一応[ピコン]という音もしたし、マイコンピュータで認識もされてますが、相変わらず転送速度が遅いので、不安はあります。

ただ別のUSBメモリでも、今までは強制終了した時そのまま差しておいて、次にパソコンを起動させた時データが消える事はありませんでしたが、改めてバックアップの必要性も感じました。回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-06-15 23:04:33

ANo.3

まずはUSBメモリーのデーターが飛んでしまった
フォーマットを促された
この様な状況時にUSBメモリーの破損も考えられるので
メモリーを認識しなくなることも有ります

短期保存には有効ですが長期にわたり保存には向いておりません
またいつ読めなくなるか解らないので不安が残ります

こういうことはよくおこりますので
移動でなく一旦コピーがいいと思います
そうすればメモリーがNGになっても元のデーターは
残ります

一番いいのはDVD-Rに保存することが一番確実です
でもDVD-Rも10年しか保存できません
数年で移し替えをして保存してください

外付けのHDDもいいのですが高価です
DVDの外付けドライブでもいいので使用することを
お勧めします

投稿日時 - 2012-06-15 22:00:21

お礼

回答ありがとうございます。USBメモリー自体はパソコンで認識されてましたし、今まで別のUSBメモリーでもデータが破損した事はなかったのですが、データの保存において結構不安があるんですね。

早くCドライブの空き容量を増やしたくて“切り取り&貼り付け”でデータを移動してましたが、コピーやDVD-Rへの書き込みは確実かもしれませんね。外付けのHDD等も以前よりは安くなってるので考えたいと思います。

投稿日時 - 2012-06-15 22:46:13

ANo.2

USBへ転送中に強制終了をしたので、何らのタイミングでUSBメモリのデータが破損したのでしょう
フォーマットをすれば、データが消えるのは言うまでもありません
基本的には、書き込まれたデータは消えません。強制終了しても、それまでに書き込まれたデータは消えません

そもそも、フォーマットが必用なら、USBメモリを認識した時点で、フォーマットしろっていいます。
また、USBメモリってさしただけですぐに使えるようにすでにフォーマット済みだったりします

USBメモリって遅いデバイスですが、HDDよりも早いデバイスの場合もあります
安定したPCなら数GBぐらいいっきに転送しても問題ありません
ただ、不安定なら、少ない容量ずつ転送している方がよいでしょう

投稿日時 - 2012-06-15 20:42:21

お礼

早い回答ありがとうございます。USBへ転送中に強制終了したのではなく、転送し終わってからではありますが、やはり昨日移したデータは諦めなければいけないようですね。

今まで何度か使ってきた(それこそ同じELECOMの)USBメモリ同様、初めにフォーマットしろって感じのメッセージはなかったし、昨日データを移す時にUSBを開いたらFORMATというアイコンもあったので、フォーマット済みだったと思いますが、これは製造段階でされてるものなんですかね…。

ただ今日フォーマット後はFORMATというアイコンもありませんでしたし、少ない容量ずつでも相変わらず転送速度が遅いので、明日以降またデータが消えてしまったら…という不安はあります。

投稿日時 - 2012-06-15 22:37:54

ANo.1

フラッシュメモリのように書き込み速度の遅いデバイスへ、一度に大容量のデータを移動させたことが原因だと思いますよ。少しずつだったら成功したと思います。

投稿日時 - 2012-06-15 20:32:04

お礼

DVD-R等に比べて(?)もともとフラッシュメモリは書き込み速度が遅いのですか…。実際に移動し終わったデータは1.5Gくらいですが、その2~3倍以上のデータをまとめて“切り取り&貼り付け”で移してました。

ただ今さっき150MBくらいのデータ移動をしましたが、前に同じくらいのデータを別のフラッシュメモリに移動した時に比べて時間がかかったので、他にも問題があるかもしれません。早い回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-06-15 22:24:12

あなたにオススメの質問