こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英語長文

When we talk about conservation of the tropical rainforests we must first look at who owns them. The vast majority of them are found in developing countries, nations which generally have a much (1) standard of living than countries of the developed world. For them, conversation is simply a laxury. They have most pressing concernsーpaying off huge debts to banks in developed countries, feeding their people, rising the standard of living and preserving national security. All these concerns directly threaten the forests. One (2) method of earning foreign exchange to pay off debts and to raise the standard of living is to export valuable hardwood timber. One of the most obvious ways to feed the people is to give them land which hasn't already been farmedーthe land where the forest grows. One of the best ways of protecting the remote borders of a country, particularly when that border is disputed by its neighbours, is to move lots of people into the area. The tropical rainforest is therefore seen as a commodity to be removed for quick cash. 
 In these circumstances it is easy to see why tropical countries not only 【fail respond to pressure from foreign conservationists】 but also resent being told by outsiders what they should or shouldn't do with their own forests. Dr. Mahatir, the Prime Ministor of Malaysia, repeatedly makes the point that in Europe (3) areas of forest were used as fuel for the Industrial Revolution, a development which led to the privileged economic position of the Western world today. Now, as he attenpts to industrialize his country, Dr.Mahatir deeply recents being told not to cut down his forests. The tropical countries can also point to the contribution which the developed world makes to the greenhouse effect today. 【Although the tropical rainforests is adding to the problem, it is the developed countries which created that problem in the first place. 】The industrialised nations need to show some willingness to clean up the mess they have created before they can dictate to the developing countries on matters of conservation.

・(1)~(3)
difficult,easy,higher,large,lower,small,soft,wrong
(1)lower (2)wrong (3)large にしました。
・【fail to~】pressureの意味を指摘しつつ、説明(←良く分からなかったです)
・【Although~】訳
熱帯雨林の破壊は問題が増しているけれども、そもそもその問題を引き起こしたのは先進国である。
と書きました。

お願いします。

投稿日時 - 2012-08-24 03:27:18

QNo.7660305

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

#1.です。訂正です。スミマセン。

<和訳例>の後半

>マレーシアのマハティール首相(博士)は、ヨーロッパでは、今日の西洋世界の特権的な経済的地位につながった発展である産業革命のために、広域の森林が燃料として使われたと繰り返し主張します。現在、国を工業化しようとしているの【で】【attenpts→attempts?】、マハティール博士は、【彼の→自国の】森林を減らさないように指図されることに深く憤慨するのです【recents→resents?】。 熱帯諸国は、また、先進国が今日の温室効果【に対して果たしている貢献→を助長していること・の一因となっていること】について指摘する場合もあります。 熱帯雨林はその問題を増大させていますが、最初にその問題を生じさせたのは、先進諸国なのです。 先進工業国は、保護の問題に関して発展途上国に指図できるようになる前には、彼らが作り出した混乱を片付けたいという意欲を示す必要があるのです。

の様に

1.【で】を加えて下さい。
2.【彼の→自国の】にして下さい。
3.熱帯諸国は、また、先進国が今日の温室効果【に対して果たしている貢献→を助長していること・の一因となっていること】について指摘する場合もあります。
の様に変更して下さい。

contribution については、次の辞書の【名詞】[3] の意味です。
☆新グローバル英和辞典
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=contribution&dtype=1&dname=1ss&stype=0

否定的な文脈での訳語を探したのですが、最初の投稿の時には見つけられませんでした。オンラインの辞書では、上の「新グローバル英和辞典以外で、contribute, contribution が「良くない」意味合いで使われることに言及してある辞書は、

☆ルミナス英和・和英辞典
http://www.kenkyusha.co.jp/modules/08_luminous/index.php?content_id=1

この辞書は、検索したページのURLを載せることが出来ないので、ご自身で contribute, contribution を入力してください。面倒がらずにこの辞書まで調べるべきでした。

投稿日時 - 2012-08-24 14:28:43

お礼

遅ればせながら、回答ありがとうございました。
少しタイプミスが目立ったようで、すみませんでした。
丁寧な訳例と再投稿まで助かりました。
リンク先の辞書でcontribute,contributionの2語を調べてみました。
辞書によって若干ニュアンスが違っていました。ルミナス辞書いいですね。
貼付どうも。

投稿日時 - 2012-09-08 00:20:23

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

<和訳例>
熱帯雨林の保護について話すとき、我々は誰がそれらを所有するのかに、まず注目し見なければなりません。 それら(熱帯雨林)の大多数は、発展途上国、すなわち一般に生活水準が先進諸国よりずっと低い国々で、見つかります。 これらの国々にとって、保護【conversation→coservation?】は贅沢【laxury→luxury?】そのものです。 これらの国々には、非常に差し迫った懸念があります ― 先進諸国の銀行に莫大な負債を返済し、国民を食べさせ、生活水準を向上させ、国家の安全を保つことです。すべてのこれらの懸念は、森林に直接脅威を与えます。 負債を返済して、生活水準を上げるために外貨を獲得する1つの安易な方法は、高価な硬質木材を輸出することです。 国民を食べさせる最も分かり易い方法の1つは、彼らにまだ耕作されていない土地 ― すなわち森林が育つ土地を与えることです。 国の遠い国境を保護する最善の方法の1つは、特にその国境が隣国によって議論となっている場合、その地域にたくさんの人々を移住させることです。 したがって、熱帯雨林は、すぐに手に入る現金を得るために伐採できる必需品とみなされるのです。
こうした状況では、なぜ熱帯諸国が、外国の環境保護論者からの圧力に応えないばかりか【fails respond→fails to respond?】、部外者から彼ら自身の森をどうすべきか、どうすべきでないかと指図されることに憤慨するのも容易に理解できます。 マレーシアのマハティール首相(博士)は、ヨーロッパでは、今日の西洋世界の特権的な経済的地位につながった発展である産業革命のために、広域の森林が燃料として使われたと繰り返し主張します。現在、国を工業化しようとしているの【attenpts→attempts?】、マハティール博士は、彼の森林を減らさないように指図されることに深く憤慨するのです【recents→resents?】。 熱帯諸国は、また、先進国が今日の温室効果に対して果たしている貢献について指摘する場合もあります。 熱帯雨林はその問題を増大させていますが、最初にその問題を生じさせたのは、先進諸国なのです。 先進工業国は、保護の問題に関して発展途上国に指図できるようになる前には、彼らが作り出した混乱を片付けたいという意欲を示す必要があるのです。

<設問>
・(1) lower (2) easy (3) large
☆(2) は、確かに wrong 「誤った」方法(method)なのですが、easy 「安易な」を選びました。
・【fails to】
(熱帯諸国が)外国の環境保護論者からの(熱帯雨林を保護せよとの)圧力に応えないこと
* fail to
http://eow.alc.co.jp/search?q=fail+to
・【Although~】の訳
熱帯雨林はその問題を増大させていますが、最初にその問題を生じさせたのは、先進諸国なのです。
☆a0itoneさんの訳で申し分ありません。

<語句>
*foreign exchange(ここでは2の意味)
http://eow.alc.co.jp/search?q=foreign+exchange
*quick cash
http://eow.alc.co.jp/search?q=quick+cash
*make the point
http://eow.alc.co.jp/search?q=make+the+point
*make a contribution to
http://eow.alc.co.jp/search?q=make+a+contribution+to

Although~の手前の部分ですが、
>The tropical countries can also point to the contribution which the developed world makes to the greenhouse effect today.
= The tropical countries can also point to the contribution.
+
The developed world makes [a contribution] to the greenhouse effect today.
に分けられます。

投稿日時 - 2012-08-24 11:17:04