こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

翻訳お願いします

If you think Japan is cellphone-obsessed , a recent poll found that all over the world people are closer than ever to their cellphones.
A recent Time survey of eight countries reported that people nowadays feel they simply cannot live without their mobile devices.
Cellphones have transformed the way we live and the way we feel.
In the countries where the poll was conducted (the U.S. , the U.K. , China , India , South Africa , Indonesia and Brazil) , 43 percent of people said their cellphone was the first and last thing they looked at every day.
An amazingly high 68 percent of respondents said they put their cellphone right next to their bed , and another 16 percent said they placed it in the bedroom while they slept.
People are becoming closer to their devices than ever before.
That might not be love , but it's close.
Humans have always been fond of domesticated animals and pets – dog , cats , horses – but never before in human history have people developed such close relationship to technological devices.
Is that cause for concern or just an interesting shift?
Whatever the answer , cellphones are very much like an addiction.
One-third of those surveyed admitted that being without their phone for even short periods left them anxious.
The poll found that one in five people cheek their phone every 30 minutes.
About the same number cheek their phone every 10 minutes.
That anxiety and compulsiveness is similar to how people sometimes act when they fall in love.
And yet , most people in the poll felt that their cellphone was a positive addition to their lives.
Just over 80 percent said they felt more safe and secure knowing they could get help anytime they needed it.
Most also felt having a cellphone helped them achieve a better work-life balance , partially because cellphone made business more efficient.
So , even though cellphone have become a sort of fetish , the benefits were plain.
Cellphones seem to mesh with life easily and completely.
A majority reported using their cellphones while doing the most basic activities in life riding public transportation , watching TV or attending a party.
An astonishing 17 percent said they check their cellphone regardless of whom they are dining with.
Cellphones distract and focus attention.
What other bit of technology is so diverse and so flexible?
Cellphones are like a screen onto which we project our needs.
In the future , whether cellphones adapt to humans or humans change to fit cellphones remains to be seen.
Ways may yet be found in which cellphones contribute substantially to improving our personal well-being and interpersonal relationships.
Will we become closer to our gadgets or , like disappointed lovers , will the relationship between human and phone somehow break up?
The end of this affair will not be anytime soon.

Cellphone-obsessed:携帯電話のとりこになった
poll:調査
closer than ever to ~:かつてなく~が身近で
mobile devices:モバイル機器
have transformed:~を一変させた
amazingly:驚くほど
respondents:回答者
right next to ~:~のすぐ横に
it's close:愛に近い
domesticated animals:家畜
cause for concern:心配の種
shift:変化
addiction:中毒
those surveyed:調査を受けた人たち
Periods:時間
compulsiveness:強迫観念に捕らわれること
similar to ~:~に似ている
And yet:しかしながら
positive:好ましい
secure:安心な
achieve:~を達成する
work-life balance:仕事と生活の両立
partially:一つには
efficient:効率的な
fetish:盲目的な崇拝物
benefits:恩恵
plain:はっきりした
mesh with ~:~に溶け込む
completely:完全に
astonishing:驚くべき
regardless of ~:~に関わらず
are dining with:一緒に食事をしている
distract:(気を)そらす
diverse:多様な
flexible:融通の利く
project:~を投影する
adapt to ~:~に適合する
fit:~に合わせる
remains to be seen:まだわからない
contribute substantially to ~:~を大いに寄与する
well-being:幸福
interpersonal relationships:対人関係
gadgets:機器
disappointed:失恋した

投稿日時 - 2013-01-27 09:48:02

QNo.7913205

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

もしもあなたが、日本が、携帯電話の虜になっていると思うのであれば、最近の調査によれば、世界中で、人々は、かつてなく携帯電話が、身近になっています。
最近のタイムの8カ国の調査は、人々が、今日、モバイル機器なしでは、とにかく生きていけないと感じると、報告しました。
携帯電話は、私たちの生き方や、感じ方を一変させました。
世論調査が行われた国々(アメリカ、英国、中国、インド、南アフリカ、インドネシア、ブラジル)では、43パーセントの人々が、携帯電話が、毎日、最初と最後に見るものだと答えていました。
68パーセントと言う驚くべき高さの回答者が、携帯電話をベッドのすぐ横に置いていると言いました、そして、16パーセントは、就寝中、携帯電話を寝室に置いていると言いました。
人々は、かつてないほどに携帯機器に親近感を覚えるようになっています。
それは、愛情ではないかもしれませんが、愛情に近いものです。
人間は、常に、犬、猫、馬の様な、家畜やペットを可愛がってきました、しかし、人類史上、人々が、工業製品に、これ程の親近感を感じたことは、一度もありません。
それは、心配すべきことでしょうか、それとも、単なる興味の変化でしょうか?
その答えが何であっても、携帯電話は、中毒にとても近いものです。
調査を受けた人々の3分の1が、短時間でも携帯電話がないと、不安になることを認めました。
この調査では、5人に1人が、30分ごとに電話をかけたり受けたりすることが分かりました。
大体同じ数の人々が、10分ごとに携帯電話をチェックしています。【cheek⇒check?】
その不安や強迫観念は、人が恋をしている時に、時々とる行動様式とよく似ています。
しかしながら、世論調査を受けたほとんどの人々が、携帯電話が、自分の生活に、加わった好ましいものであると感じていました。
80パーセント以上が、必要な時にいつでも助けを得ることが出来ると分かっていることは、より安心安全の感覚を増すと答えました。
ほとんどの人々は、また、特に携帯電話を持つことが、仕事をより効率的にするので、より良い仕事と私生活の両立を達成するのに役立つと感じていました。
それで、たとえ携帯電話が、一種盲目的な崇拝物となっているとしても、その恩恵は、はっきりしていました。
携帯電話は、生活に容易にしかも完全に溶け込んでいるようです。
多数の人々が、生活の最も基本的な活動をしている、公共交通機関に乗っている、テレビを見ている、あるいは、パーティに出席している時に、携帯電話を使うと報告しました。
驚くべき17パーセントが、食事をしている相手に関係なく、携帯電話をチェックすると言いました。
携帯電話は、気をそらすこともあれば、注意を集中することもあります。
それほど多様で、それほど融通のきく、テクノロジーは他に何があるでしょうか?
携帯電話は、私たちが、自分の要求を投影するスクリーンに似ています。
将来、携帯電話が、人間に適合するのか、それとも、人間が、携帯電話に合わせて変化するのか、まだ分かりません。
携帯電話が、我々の個人の幸福や対人関係を向上させるのに、どの様な点で、大いに寄与するのか、まだ、分かっていません。
我々は、この機器により親密になるのでしょうか、それとも、失恋した恋人たちの様に、人間と携帯電話の関係は、いずれは、破局を迎えるのでしょうか?
この恋愛関係の終末は、すぐ先のことではなさそうです。

投稿日時 - 2013-01-27 12:16:26

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)