こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

助動詞wouldについて

助動詞について調べているのですが、”would” ”might” ”should”あたりがどうもはっきりとわかっていません。
以下の文章の後半の”would”はどのような役割になるのでしょうか。


Unless you're already a distance runner, you should approach running or even jogging with
the same caution as you would a hot stove.

投稿日時 - 2013-02-15 16:20:48

QNo.7946578

isk

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

助動詞は話し手の意思を表すために使う品詞です。現在のことを過去形で表現する時は、遠回しな表現になります。文脈によって、さまざまなニュアンスに変化しますので、辞書の例文などを多数読まれることを勧めます。

approach running , logging は本格的な競走であろうと、軽いジョギングであろうと、「取り組む」「始める」という意味です。
approach a hot stove は、この文脈では「熱いストーブに触る」という意味になります。適度な距離に近づいて温まるのではないようです。

would approach a stove で「ストーブに触る」というようなことを、あなたがするとは思いませんが…、となります。


もしあなたがまだ長距離を走れないのなら、ランニングやジョギングは、熱いストーブに触るのと同じくらい用心して、始めるべきです。

投稿日時 - 2013-02-15 18:36:53

ANo.1

> Unless you're already a distance runner, you should approach running or even jogging with the same caution as you would a hot stove.

 意味としては、「あなたが既にある程度の距離を走るランナーであるのでなければ、ランニングでなくてジョギングであっても、熱いストーブに接するように慎重にすべきである」 みたいなことでしょう。

 you should approach は 「あなたはアプローチすべきだ」

 you would は = you would approach ですが、approach という動詞は既に使っているので省略されています。この would はある意志を持ってある行為をすることを表しているといったらいいでしょうか。あることを、そのことをするつもりでやること。しかも現実の行為の描写ではなくて、「たとえば」 のような条件がつく。「仮にあなたが熱いストーブに接する時にそうするであろうように」

投稿日時 - 2013-02-15 17:30:17