こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Linuxはいくつもインストールできますか?

こんにちは。
Linux勉強のためインストールしようとしています。
過去ログをみるとWinとlinuxは共存できる事は解ったのですが、Linuxで異なるディストリビューションをインストールする事は可能でしょうか?
VineとRedHatをインストールするつもりです。
どなたかご返答の方お願いします。

投稿日時 - 2004-03-13 16:44:20

QNo.804775

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>Win(XP)においてパーティションがcドライブとeドライブに分かれて
>cドライブにWindowsやファイルが入っています。
>eドライブにlinuxをインストールするつもりですが、VineとRedHatのために
>パーティションを分ける必要はあるのでしょうか?

今のあなたのPCは
/dev/hda (MBR:マスタブートレコード)
/dev/hda1 (WindowsXP Cドライブ ntfs)
/dev/hda2 (WindowsXP Eドライブ ntfs)
の様になっているはずなので、Eドライブをバックアップしたのち

/dev/hda (MBR:Redhatのgrubをインストール)
/dev/hda1 (WindowsXP Cドライブ ntfs)
/dev/hda2 (Redhat /ルート ext3)
/dev/hda3 (Vine /ルート ext3) Vineのgrub/lilo をインストール
/dev/hda4 (拡張パーティション)
/dev/hda5 (WindowsXP Eドライブ ntfs)
/dev/hda6 (Redhat,Vine共通のswap)

みたいな感じにディスクを切るとすっきりすると思います。
また、上記はルートパーティション一つだけですが、/var、/home用の
パーティションも切ることもお勧めです。

/dev/hda5 (WindowsXP Eドライブ ntfs)
/dev/hda6 (Redhat,Vine共通のswap)
/dev/hda7 (Redhat /home ext3)
/dev/hda8 (Redhat /var ext3)
/dev/hda9 (Vine /home ext3)
/dev/hda10 (Vine /var ext3)

ただし、1024シリンダの問題に引っかかる古いパソコンでしたら、
それぞれのLinuxの/bootを独立したパーティションにして、
1024シリンダ(ハードディスクの約8Gb以内に割り当てる必要があります。

/dev/hda1 (WindowsXP Cドライブ ntfs) 4GB程度
/dev/hda2 (Redhat /boot ext3) 256MB程度
/dev/hda3 (Vine /boot ext3) 256MB程度 Vineのgrub/lilo をインストール

こうすることで、それぞれの/bootが、8GB(1024シリンダ)以内に収まることになります。

投稿日時 - 2004-03-13 20:44:01

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

>Linux Swapとは何の事でしょうか?

本体内蔵のメモリが足りないときに退避用に使うHDDのパーティションです。
他、1つのLinuxで、/boot=起動専用(100MB程度で、カーネルなどが入っている)、/=その他本体、と3つのパーティションを使います。
なお、/bootと/は1つにまとめることができ、LinuxSwapは使用しないこともできますが、初心者ですから、そのようなことはとりあえずしないことを勧めます。

>ブートマネージャ
PC起動時にOSを選択できるメニュープログラムです。
LinuxにはLILOとGRUBというものがついてきます。
HDDの先頭(MBR)と、各パーティションの先頭(PBR)にインストールできます。

>VineとRedHatのためにパーティションを分ける必要はあるのでしょうか?

一緒にできるかもしれませんが、素直に分けたほうがいいと思います。挙動がおかしくなったら、両方のLinuxを再インストールしなければなりません。

投稿日時 - 2004-03-13 20:14:12

ANo.2

xjd

インストール時にブートマネージャのインストール先を指定できます。
基本区画1(/dev/hda1)にRedHat
基本区画2(/dev/hda2)にVine
とする場合、

RedHatインストール時にブートマネージャ(Grub)は、
/dev/hda (/dev/hda1ではない)にインストール。

Vineインストール時にブートマネージャは、
/dev/hda2 にインストール。

インストール後、RedHatを起動させ、Redhatのブートマネージャの設定ファイル
grub.confで、VineLinux(/dev/hda2)を起動メニューに追加します。

これで、パソコンを起動したら、RedHatのGrubが起動して、
RedHat、Vine を選択できるようになります。
もちろん、GrubでWindowsの区画をメニューに追加することもできます。

投稿日時 - 2004-03-13 17:10:59

補足

さっそくのご回答ありがとうございます。

すいません、ブートマネージャとは何の事でしょうか?

あと、現在(Linuxをインストールする前)、Win(XP)においてパーティションがcドライブとeドライブに分かれている状態です。
cドライブにWindowsやファイルが入っています。
eドライブにlinuxをインストールするつもりですが、VineとRedHatのためにパーティションを分ける必要はあるのでしょうか?
以下の説明が、インストール中にパーティションを分けている事を言われているのでしょうか?
もしそうでしたらスイマセンm(__)m


>>RedHatインストール時にブートマネージャ(Grub)は、
/dev/hda (/dev/hda1ではない)にインストール。

Vineインストール時にブートマネージャは、
/dev/hda2 にインストール。

投稿日時 - 2004-03-13 17:29:21

Linux Swapは両Linuxで共用して、次のように組めば良いのではないでしょうか?
/bootも共用できると思いますが、再インストールの際の手間を考えると、別々にしたほうが無難かと思います。

/dev/hda1 Windows
/dev/hda2 RedHat Linux(/boot)
/dev/hda3 Vine Linux(/boot)
/dev/hda4 拡張パーティション
/dev/hda5 RedHat Linux(/)
/dev/hda6 Vine Linux(/)
/dev/hda7 Linux Swap

投稿日時 - 2004-03-13 16:58:15

補足

さっそくのご回答ありがとうございます。

回答の中で1つ解らない事があるのですが、
Linux Swapとは何の事でしょうか?

投稿日時 - 2004-03-13 18:36:11

あなたにオススメの質問