こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

和訳をお願いします

These people are the extreme edge of Europe's working poor:
a growing slice of the population that is slippping through the
long-vaunted European social safety net. Many, particularly the young,
are trapped in low-paying or temporary jobs that are replacing permanent
ones destroyed in the economic downturn.

Now, economists, European officials and social monitoring groups
are warning that the situation is about to get worse. As European
governments respond to the debt crisis by pushing for deep spending
cuts to close budget gaps and greater flexibility in their work forces,
"the population of working poor will explode," said Jean-Paul Fitoussi,
an economics professor at L'Institut d'Etudes Politiques in Paris.

To most Europeans, and especially the French, it seems this
should not be happening. With generous minimum wage laws and the world's
strongest welfare systems, Europeans are accustomed to thinking they
are more protected from a phenomenon they associate with the United
States and other laissez-faire economies.


But the European welfare state, designed to ensure that those
without jobs are provided with a basic income, access to health care
and subsidized housing, is proving ill prepared to deal with the steady
increase in the number of working people who do not make enough
to get by.

The trend is most alarming in hard-hit countries like Greece and
Spain, but it is rising even even in more prosperous nations like France
and Germany.
"France is a rich country," Mr.Fitoussi said. "But the working
poor are living in the same condition as in the 19th century".

投稿日時 - 2013-05-07 11:13:23

QNo.8076717

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こうした人々はヨーロッパのワーキングプアと呼ばれる人々の中でも崖っぷちの人々だ。すなわち、長く賞賛されてきたヨーロッパの社会的セーフティ・ネットから零れ落ちた人口の中で増え続ける部分なのである。多くは、特に若者は、経済の低迷により破壊された常勤職にとって変わった、低賃金や短期の仕事から逃れられない。

今、経済学者、ヨーロッパの当局関係者そして社会モニターグループはこの状態がより悪化することについて警鐘を鳴らしている。ヨーロッパの各国政府は、労働人口における赤字予算とより大きな柔軟性をやめようと大幅な歳出削減を推し進めることにより、債務危機に対応しているので、「ワーキングプアの人口は爆発的に増えるでしょう」とパリ政治学院の経済学教授、ジャンポール・フィトゥシは述べた。

ほとんどのヨーロッパ人、特にフランス人にとって、これは起ってはならないことであるらしい。手厚い最低賃金法と世界で最も強固な福祉システムを持つことで、ヨーロッパ人は、アメリカや他の自由放任主義経済と関連する現象から自分たちはより守られていると考えられることに慣れてきたからだ。

しかし仕事がなくとも基本収入、医療や政府補助金付き住宅を与えられる人々を保障するようにデザインされたヨーロッパの福祉国家は、その日暮らしから逃げ出す為の金を稼げない、働く人々の人数の着実な増加を解決する準備がまったく出来ていないのである。

この傾向はギリシャやスペインなどのひどい経済状態の国において最も憂慮すべきであるが、フランスやドイツといったより裕福な国家でさえ増加しているのである。「フランスは豊かな国だ。」フィトゥシ氏は言及した。「しかしワーキングプアは19世紀とまったく同じ環境で暮している。」

投稿日時 - 2013-05-07 13:03:47

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)