こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英語に自信のある方、英訳お願い致します。

The aim of the physician in the treatment of insanity is to bring the means at his command to bears, directly or indirectly,on the disordered nerve element.But,in striving to do this,he soon learns with how many bodily organs and fuctions he has really to do. To call mind a function of the brain may lead to much misapprehention,if it be thereby supposed that the brain is the only organ which is concerned in the function of mind.There is not an organ in the body which is not in intimate relation with the brain by means of its paths of nervous communication,which has not ,so to speak,a special correspondence with it through internuncial fibres,and which does not,therefore affect more or less plainly and specially its[its=the brain's]function as an
organ of mind.It is not merely that apalpitating heart may cause anxiety and apprehension,or a disordered liver[may cause]gloomy feelings,but there are reasons to believe that each organ has its specific influence on the constitution and function of mind:an influence not yet to be set forth scientifically,because it is exerted on that unconscious mental life which is the basis of all that we consciously feel and think. Were the heart of one man to be placed in the body of another it would probably make no difference in the circulation of the blood,but it make a real difference in the temper of his mind.So close is the physiological sympathy of parts in the commonwealth of the body that it is necessary in the physiological study of mind to regard it as a function of the whole organism,as comprehending the whole bodily life.

投稿日時 - 2014-01-10 17:15:15

QNo.8423518

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

精神の異常をきたした患者を治療しようとするとき、医師が行うことは、機能障害を起こしている神経系に対して直接的ないし間接的に手技を施すことである。
しかしそれに取り組んでいるうち、どれほど多くの体内の器官が関連していることを医師は思い知ることになる。
意識という機能に関連している器官は脳だけであるという認識を持ったままでいるという脳の機能に関するこれまでの理解のほとんどは間違っていることを知る。
神経組織を通して脳につながっていない器官はひとつもないわけであり、多かれ少なかれ脳の機能に影響する"意識の器官"として機能していない内蔵器官はひとつもないことになる。
たとえば心臓の動悸が高まると不安を覚えたり、肝臓に異常があるとけだるい気分になるというだけでなく、どの内蔵器官にも意識の構造や機能に対して特別な影響を及ぼすということは、それらの影響については完全に科学的に証明できているわけではないが、信じるに足る十分な理由があるのである。なぜなら私たちが意識的に感じたり考えたりするのはすべて無意識の精神を元にしているからである。
ある人の心臓を別の人に移植したとしよう。そのとき、血液の循環には何の違いもないがあ、意識の変化には明らかに違いが出ることだろう。
肉体という統合体のなかで、各部の器官どうしがどのように生理学的に連携しているかを研究することが重要であるように、意識というものを生理学的に研究するうえでは、肉体全体の組織、肉体全体の生体機能を理解することが必要である。

投稿日時 - 2014-01-11 00:22:22

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)