こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

和訳お願い致します。

In positing the evidence' of Choice as my objective (or ejective) criterion of Mind, I do not think it necessary to enter into any elaborate analysis of what constitutes this evidence. In a subsequent chapter I shall treat fully of what I call the physiology or objective aspect of choice ; and then it will be seen that from the gradual manner in which choice, or the mind element, arises, it is not practically possible to draw a definite line of demarcation between choosing and non-choosing agents. Therefore, at this stage of the enquiry I prefer to rest in the ordinary acceptation of the term, as implying a distinction which common sense has always drawn, and probably always will draw, between mental and non-mental agents. It cannot be correctly said that a river chooses the course of its flow, or that the earth chooses an ellipse wherein to revolve round the sun. And similarly, however complex the operations may be of an agent recog nized as non-mental — such, for instance, as those of a calcu lating machine — or however impossible it may be to predict the result of its actions, we never say that such operations or actions are due to choice ; we reserve this term for operations or actions, however simple and however easily the result may be foreseen, which are performed, either by agents who in virtue of the non-mechanical nature of these actions prove themselves to be mental, or by agents already recognized as mental — i.e., by agents who have already proved themselves to be mental by performing other actions of such a non- mechanical or unforeseeable nature as we feel assured can only be attributed to choice. And there can be no reasonable doubt that this common-sense distinction between choosing aud non-choosing agents is a valid one. Although it may be difficult or impossible, in particular cases, to decide to which of the two categories this or that being should be assigned, this difficulty does not affect the validity of the classification — any more, for instance, than the difficulty of deciding whether Limulus should be classified with the crabs or with the scorpions affects the validity of the classification which marks off the group Crustacea from the group Arachnida.

投稿日時 - 2014-04-25 11:36:18

QNo.8568151

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

以下のとおりお答えします。

「心」に関する客体(あるいは表出体)の基準として「選択」の証拠(物件)を立てる際に、私は、この証拠の構成素の精巧な分析に取りかかる必要があるとは思いません。後続の章では、選択の生理機能もしくは客体的実相と私が呼ぶものを、完全に扱うこととします。その章で、選択(または精神的要素)が段階的な仕方で生起することを理解されることでしょう。選ぶか選ばないかの作用因の間に限定的な境界線を引くことは、実際には、まず不可能です。

したがってこの段階の探求では、常に、常識というものが精神的作用因と非精神的作用因とのどちらかを引き出してきたり、また引き出すであろうような区別を示唆するものとしておいて、私自身は通常の術語の語義の中に安んじて留まっていたいと思います。川の流れがどのコースを選ぶかとか、地球が太陽のまわりを回るのにどの点で楕円を選ぶかなどは正確に言うことができません。

それと同様に、例えば計算機の操作のように―非精神的と認識される作用因については、操作がいかに複雑であっても、―あるいはその行為の結果を予言することがいかに不可能であっても、私たちはそのような操作または行為が、選択性に基づくとは言いません。私たちは操作や行為のためにこの用語を保存しておきましょう。いかに単純であろうと、またいかに容易であろうと、これらの行為の非機械的な性質によって精神的であると証明される作用因によって実行されても、すでに精神的なものとして認識されている作用因―例えば非機械的な、または選択の性質しかないと感じられるような予知不能の性質をもった他の行為を行なうことですでに精神的であると証明されている作用因―によって実行されたのならば、結果は予知され得るのです。

また、選択と非選択からいずれかを選ぶこの常識的な区別が有効なものであることに合理的な疑いはあり得ません。たとえ、特殊な場合で、2つの範疇のうちのどちらが割り当てられるべきかを決定することが困難または不可能であっても、この難しさは分類の有効性には影響しません。―それは例えば、カブトガニが、カニに分類されるべきか、あるいはサソリに分類されるかどうか決定する難しさが、クモ綱類から甲殻類を区別する分類の有効性に影響しないのと大同小異です。

以上、ご回答まで。(Arachnidaは、Arachnidと見て訳しました。)

投稿日時 - 2014-04-27 16:49:20

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)