こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

和訳お願い致します。

In their efforts to "buy green",customers tend to focus on packaging and chemicals, issues that do not factor in with clothing. Likewise, they purchase “natural” fibers like cotton, believing they are good for the environment.
But that is not always the case: while " organic "cotton is exemplary in the way it avoids pesticides, cotton garments squander energy because they must be washed frequently at high temperatures, and generally require tumble-drying and ironing. Sixty percent of the carbon emissions generated by a simple cotton T-shirt comes from the 25 washes and machine dryings it will require, the Cambridge study found.

A synthetic blouse, in contrast, takes more energy to make, since synthetic fabrics must be processed from materials like wood and oil. But upkeep is far more fuel-efficient, since synthetic fiber clean more easily and dry faster.
Over a lifetime, a synthenic blouse uses less energy than a cotton T-shirt.
One way to change the balance would be to develop technology to treat cotton so that it did not absorb odors so readily.
"Reducing" washing temperature has a huge impact,” Allwood said.

投稿日時 - 2014-05-09 19:38:16

QNo.8588126

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

「環境にやさしいものを買おう」という働きかけで、購入者は包装や化学物質に注目する傾向はあるが、衣類と一体として考えてはいないかもしれない。さらに彼らは、環境によいことと信じて、木綿のような天然繊維を購入する。
しかしそれが常に真実とは限らない。オーガニックコットン(有機栽培で作られた木綿)が農薬を避ける方法として模範的である一方、木綿の衣料品は頻繁に高温で洗濯され、一般的に回転式乾燥機を使った乾燥とアイロン掛けを必要とするので、エネルギーを無駄遣いするのだ。ケンブリッジの研究は、1枚のシンプルな木綿のTシャツによって生成される(二酸化炭素などの)排出ガスの60%は、25回の洗濯と機械による乾燥によるものであることを発見している。

その一方、合成繊維は木材や石油のような材料から加工せねばならないので、1枚のポリエステルのブラウスは作るのにより多くのエネルギーを使うが、ポリエステルはより簡単に洗濯でき、より早く乾くのでその維持ははるかに燃費効率が良いのだ。
生涯にわたり(※1)、一枚のポリエステルのブラウスは、一枚の木綿のTシャツよりも使うエネルギーは少ないのだ。
このバランスを変えるための一つの方法は、木綿が容易に匂いを吸収しないように処理する技術を開発することであろう。「洗濯温度を下げることは大きな影響を及ぼします。」とアルウッドは述べた。

※1:over a life time
ここでの生涯とは人ではなく、洋服の寿命のことだと思いますので、「洋服の寿命がつきるまでに」と訳した方がもしかしたらいいのかもしれません。

投稿日時 - 2014-05-09 20:37:15

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2014-05-10 20:58:38

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

すでにご回答が出ていましたので、控えていましたが、まだ締め切られていないようですので、一応私の訳文も添付いたします。

顧客らは「緑(環境によいもの)を買う」ための努力のつもりで、衣類の素材にも添加物の要素にもならない物品(である)、包装や化学物質に注目する傾向があります。
しかしそれが常に当てはまる事柄とは限りません。すなわち、「有機(栽培の)」木綿は殺虫剤を避ける方法として模範的である一方、木綿の被服類は、頻繁に高温での洗濯、一般的に回転式乾燥機での乾燥とアイロンがけを求められるので、エネルギーを浪費してしまうのです。1枚の質素な木綿のTシャツによって放出される二酸化炭素の60%は、25回の洗濯と機械乾燥によるものであることが、ケンブリッジの研究で分かりました。

それと対照的に、合成繊維は木材や石油のような材料から加工しなければならないので、1枚の合繊ブラウスは作るのにより多くのエネルギーを使います。しかし、合成繊維はより簡単に洗濯でき、乾きもより早いので、維持するには、(木綿より)はるかに燃費効率が良いのです。
使用期間全体にわたって、1枚の合繊ブラウスは、1枚の木綿のTシャツよりも少しのエネルギーしか使いません。
その(不)釣合いを変えるための一つの方法は、木綿が容易に匂いを吸収しないような処置を施す技術を開発することでしょう。
「洗濯の温度を『下げる』ことは、大きな効果を及ぼします」、とオルウッドは述べました。

投稿日時 - 2014-05-11 23:15:26