こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

どのたか教えてください

問1
文中の( )の語に関して,設問に答えなさい
A friend told me this story a few years ago. At the time, I was reading a book about the pyramids (1)(in) Egypt. My friend asked (2)(if) I knew about the Mummy’s Curse. I (3)(did)n’t, so he told me. This is (4)(what) he said:
Back in 1910, an Englishman named Douglas Murray was in the U.S.A. doing research about ancient Egypt. That was his job. He was a professor. At that time, a very ill-looking American (5)(offered) to sell Murray a mummy case, (6)(with) the body inside. The man said that the mummy was the body of an ancient Egyptian high priestess of the temple of Ammon-Ra, from about 1600 B.C. The man did not explain how he had gotten the mummy. But Murray thought it was a great opportunity for study. Murray bought the mummy. The American was dead only hours later.
Murray read about the mummy in a book. He learned that the ancient high priestess was part of a group (7)(called) the Cult of the Dead. The group believed in one central idea: they considered it their duty (8)(to) bring death and destruction (9)(to) everyone they met. Murray read (10)(that) when scientists moved the heavy blocks to enter the high priestess’s burial place, they discovered her resting place. Murray didn’t believe the story of the curse. He prepared to take the mummy back to England. But a few days later, he had a shooting accident. The wound became strangely infected, and a doctor cut Murray’s arm off at the elbow.
When Murray eventually returned to England, during the voyage, two of his Egyptian servants mysteriously died. They were young, strong, healthy men, so their deaths came very unexpectedly. Later, (11)(as) Murray was examining the caved image of the priestess on the side of the case, he said that “the face seemed to come alive with a stare (12)(that) chilled me to the bone.”
Murray decided he didn’t want the mummy case any (13)(longer). He sold it to a woman he knew. Within weeks, the woman’s mother died, her lover left her, and she became very ill. Murray told her (14)(to) take the mummy case and gave it to the British Museum. The museum photographer died while photographing it, and the man in charge of the exhibit was soon found (15)(dead) also. The museum decided they didn’t want the mummy case, and they sold it to a New York museum. That was the last time the mummy was seen. It was sent to the U.S.A. on a ship. The “Titanic.”
I don’t know if I believe this story, but some of the facts are true, that’s for sure.

(1) 何を修飾しているかを,次の中から一つ答えよ
(1)time
(2)was reading
(3)a book
(4)pyramids

問2
(2) 品詞とその働きとして正しい記述を,次の中から一つ答えよ  
・名詞的従属接続詞(NSC)で主部
・名詞的従属接続詞(NSC)でaskedの補部
・副詞的従属接続詞でaskedの補部
・副詞的従属接続詞でaskedを修飾

問3
(3) 補部がどれであるかを,次の中から一つ答えよ
・tell
・read
・ask
・know

問3
(4) 語の働きとして誤っている記述を,次の中から一つ答えよ  
・先行詞を含む関係代名詞
・関係代名詞としてはsaidの補部
・先行詞としてはisを修飾
・関係詞節はwhat he said

問4
(5) 語の説明として誤っている記述を,次の中から一つ答えよ
・主部はa very ill-looking American
・他動詞
・過去分詞
・toを補部に取っている

問5
(6) 語の説明として誤っている記述を,次の中から一つ答えよ   
・前置詞
・a mummy caseを修飾
・「付帯状況」を表している
・theとbodyの2つを補部に取っている

問6
(7) 語の説明として誤っている記述を,次の中から一つ答えよ 
・他動詞
・過去分詞
・a groupを修飾
・the Cult of the Deadを目的語に取っている

問7
(8) 語の説明として誤っている記述を,次の中から一つ答えよ
・補部はbringという他動詞
・形容詞的に働いている
・consideredの補部
・意味上の主語はthey

問8
(9) 語の説明として誤っている記述を,次の中から一つ答えよ   
・前置詞
・destructionを修飾
・everyoneを補部に取っている
・「到達」を表している

問8
(10) 語の説明として誤っている記述を,次の中から一つ答えよ
・readの補部になっている
・名詞的従属接続詞(NSC)である
・scientists moved the heavy blocks to enter the high priestess’s burial placeを補部に取っている
・「~ということ」という意味を表してる

問9 
(11) 品詞と意味に関する正しい記述を,次の中から一つ答えよ
・前置詞で,「~として」という意味を表している
・副詞的従属接続詞で,「~時に」という意味を表している
・副詞的従属接続詞で,「~ように」という意味を表している
・副詞的従属接続詞で,「~なので」という意味を表している

問10 
(12)品詞とその働きとして正しい記述を次の中から一つ答えよ
・支持代名詞でwithの補部
・副詞でchilledを修飾
・名詞的従属接続詞(NSC)でseemedの補部
・関係代名詞で先行詞はa stare

問11
(13)品詞とその働きとして正しい記述を一つ答えよ
・形容詞でcaseを修飾
・形容詞でwantの補部
・副詞でwantの補部
・副詞でwant the mummy caseを修飾

問12
(14)語の説明と誤っている記述を一つ答えよ
・補部はtakeという他動詞
・名詞的に働いている
・toldの補部
・意味上の主語はMurray

問13
(15)語の説明と誤っている記述を一つ答えよ
・名詞
・foundの補部
・目的格補語
・the manの状態を説明

投稿日時 - 2014-12-10 21:31:27

QNo.8854038

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

問1
(1) →(4)pyramids
問2
(2) →名詞的従属接続詞(NSC)でaskedの補部
問3
(3) →・know
問3
(4) 先行詞としてはisを修飾
問4
(5)→過去分詞
問5
(6)→a mummy caseを修飾
問6
(7) the Cult of the Deadを目的語に取っている
★They called the group the Cult of the Dead.と能動態にすると、これはthe groupの補語になっていて、目的語ではない。
問7
(8) →形容詞的に働いている
問8
(9) →destructionを修飾
★death and destructionの両方を修飾
問8
(10)→scientists moved the heavy blocks to enter the high priestess’s burial placeを補部に取っている
問9 
(11) 副詞的従属接続詞で,「~時に」という意味を表している
★これが答だが、実はkのasは微妙に「~なので」という意味合をも含んでいる。あくまでも「微妙に」である。
問10 
(12)→関係代名詞で先行詞はa stare
問11
(13)→副詞でwantの補部
問12
(14)意味上の主語はMurray
問13
(15)→名詞

以上でいかがでしょうか?

投稿日時 - 2014-12-11 21:41:12

お礼

いつもありがとうございます。

投稿日時 - 2014-12-12 07:21:51

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

(1) (4) pyramids
(2) 名詞的従属接続詞(NSC)でaskedの補部
(3) know
(4) 先行詞としてはisを修飾
(5) 過去分詞
(6) a mummy caseを修飾
(7) 他動詞
(8) 形容詞的に働いている
(9) destructionを修飾
(10) scientists moved the heavy blocks to enter the high priestess’s burial placeを補部に取っている
(11) 副詞的従属接続詞で,「~時に」という意味を表している
(12) 関係代名詞で先行詞はa stare
(13) 副詞でwantの補部
(14) 意味上の主語はMurray
(15) 名詞

<訳例>
ある友人が数年前にこの話を私にしてくれました。当時、私はエジプトのピラミッドに関する本を読んでいました。その友人はミイラの呪いについて私が知っているかと尋ねました。私は知りませんでした、それで、彼は私に教えてくれました。以下が彼が言ったことです:
1910年の昔に、ダグラス・マレーと言う名のイギリス人が、アメリカで古代エジプトについて調査をしていました。それが彼の仕事でした。彼は大学教授でした。その時、とても人相の悪いアメリカ人が、ミイラの棺を遺体を中に入れたまま売ってあげようと言って来ました。その男は、ミイラがアモンラー神殿の古代エジプトの身分の高い女神官の遺体で、紀元前1600年ころのものだと言いました。その男は、どの様にしてそのミイラを入手したのか説明しませんでした。しかし、マレーは、これは研究のための絶好の機会だと思いました。マレーはそのミイラを買いました。そのアメリカ人は、数時間後に死にました。マレーは、ある本でそのミイラについて読みました。彼は、その古代の身分の高い女神官が、カルト・オヴ・ザ・デッド(死者崇拝)と呼ばれる集団に入っていたことを知りました。この集団は、ある中心的な考え方を信じていました:彼らは自分たちが出会うすべての人に死と破壊をもたらすことが自分たちの務めだと考えていました。科学者たちが、その身分の高い女神官の埋葬場所に入るために、重い遮蔽物を動かした時、彼らが彼女が安置されている場所を発見したのだと言うことを、マレーは読みました。マレーは、呪いの話を信じませんでした。彼は、そのミイラをイギリスに持ち帰る準備をしました。しかし、数日後、彼は銃の事故に会いました。傷は、不思議なことに病気に感染して、医者は、マレーの腕を肘のところから切断しました。
マレーがようやくイギリスに帰る時、その航海中に、彼のエジプト人の召使2人が、不思議なことに死にました。彼らは、若くて、丈夫で、健康な男でした、それで、彼らの死が訪れたことは、本当に予想外でした。後に、マレーが棺の側面に彫刻されたその女神官の像を調べていた時に、「骨の髄まで寒気を感じさせる眼差しで見つめていて、この顔は生き返って来る様だ」と、マレーは言いました。
マレーは、これ以上そのミイラの棺を欲しいと思わなくなりました。彼は知り合いの女性にそれを売りました。数週間のうちに、その女性の母親が死に、彼女の恋人が彼女のもとを去り、彼女は大病を患いました。マレーは、彼女にミイラの棺を大英博物館に納めるように言いました。博物館の写真技師が、ひつぎの撮影中に死にました、そして、展示の責任者の男性も、間もなく死んでいるのが発見されました。博物館は、そのミイラの棺を欲しくなくなりました、それで、棺をニューヨーク博物館に売却しました。それが、ミイラを見た最後となりました。ミイラは船でアメリカに送られました。「タイタニック号」だったのです。私は、自分でもこの物語を信じるかどうか分かりません、しかし、事実のいくつかは、本当です、それは確かなのです。

投稿日時 - 2014-12-11 19:24:22

お礼

翻訳までして頂き、大変参考になりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2014-12-12 07:23:45