こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

精神的に歳をとるとは

現在私は23歳でデザイナーとして働いています。
これまでなら私の好きな音楽でも映画でもバンドのメンバーや役者は皆私より年上で、
私は単純に憧れたり、かっこいいと思っているだけで良かったのですが、
最近私と同年代の人間が活躍していると、
少し悔しいような感情になります。
過去に俳優になりたいとかミュージシャンになりたいという気持ち(おそらく誰もが持つ程度の興味、憧れに似た)はありましたが、
現在はしっかりデザイナーとしてメシを食っていきたいと考えています。

ですが、変なプライド(自分ならもっとできる)のような感情が邪魔して、
素直に曲や映画を楽しめなくなってきている感じがして、
この感情がすごく疎ましいです。

これはまだどこかに諦めきれていないからなのでしょうか。

そうだとしたら、俺ならもっとすごい俳優、ミュージシャンになれると
未だに思い上がっているこの考えをどのようにしたら抑えることができますか。
時間が解決するものなのでしょうか。

今後歳を重ね自分より年下の俳優、ミュージシャンの作品を
純粋に楽しめなくなってしまうと考えるとなるべく早く解決したいと考えています。

皆さんはこのような経験ありますか?

投稿日時 - 2015-06-14 02:00:13

QNo.8993804

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

負けを認める。

投稿日時 - 2015-06-14 11:59:00

ANo.5

おはようございます

No.3さんの深いコメントに同意します

23歳ですよね?まだまだ人生経験が足りない分【錯覚】しがちなんだと思います(ごめんね)

あなたは今 夢と現実の狭間でそんな事を感じていて その自分がイヤになったんですよね?


>【未だに思い上がっているこの考え】をどのようにしたら抑えることができますか。
↑【】内に気付いただけでも良かったじゃない?

・井の中の蛙 大海を知らず・


心配しなくても そのうちに【思いっきり】手強いかなわない相手が出て来るものです

今の【嫉妬や未練】はまだ その大物と対戦しなかったから
つまり【不完全燃焼】

デザイナーのお仕事だって あなたがどう足掻いてもかなわない相手と競合すると

自然に 自分の器量を認めざる得なくなります
たぶんそれはまだまだ先なんでしょうけれど…

その時 あなたは【負けた】と思うかも知れませんが

人間的には はるかに成長し豊さと落ち着きを得る事が出来るでしょうね?

潔く【負けた】事を認める事で 得るものもあるという事です

闘ってもいないのに
グズグズいうのは 小学生レベルですね?

これからは デザイナーの世界で思う存分才能を発揮して下さい

楽しみにしてます(笑)

投稿日時 - 2015-06-14 09:28:48

ANo.4

"これはまだどこかに諦めきれていないからなのでしょうか。"
       ↑
諦めていない、というよりも、単純に嫉妬している
だけだと思います。


”未だに思い上がっているこの考えをどのようにしたら抑えることができますか。
時間が解決するものなのでしょうか。”
    ↑
ハイ、時間が解決します。
時間は万能の薬です。
ただ、ゼロにはなりません。
いつまでもいつまでも、小さなトゲとして残ります。
ゼロにするには、彼らを見下すぐらいの地位などに
就く必要があります。


”皆さんはこのような経験ありますか? ”
    ↑
挫折を経験した人にはあると思います。
ワタシもあります。
今はだいぶ癒えましたが、時々古傷が疼きます。

投稿日時 - 2015-06-14 08:45:46

思い切り負けてみることでしょうね。
敵わないと気が付けばあきらめもつく。あれくらい俺だってできると思っていたら
諦めきれない。

私は建築家を目指していて企業に就職しながらデザインコンペに応募していた
時期があります。いくつか入選したりしましたが、一位にはなれませんでした。
企業の管理職になってからデザイナーを雇って会社としてコンペに応募したことも
あります。デザイナーは私のコンセプトを見事な形態にまとめてくれました。
それでも、1等は外国の著名デザイナーにもっていかれました。
彼我の差を知って、私は日本の著名建築家とのコラボレーションを企画しました
やってみるとその人の発想力の豊かさ圧倒されました。まるで神がかりのようでした。

才能は最初からついてくるものではなく90%は努力のたまものです。
サラリーマンの片手間にやっている私が勝てるわけはない。
リスクを負わないで生活の糧をえることを選んだら、もはや傍観者に徹することです。

あと、時間ができたらもう一度トライしてみる手もあります。面白半分で。

私は離婚したあと街の小劇団にはいって舞台に立ったことがあります。
滑舌の悪さ、身体による表現、魅力的な表情。
恋愛の基本になるような技術をずいぶん学んだ気がします。やりたいと思うことは
やったほうがいいです。かならずその後の人生に役立ちますから。

投稿日時 - 2015-06-14 07:36:47

ANo.2

自分より年下が活躍していると、すごいなーと思ってしまう。
初めは年下を仰ぎ見るみたいで、ちょっと違和感あったかな。



デザイナーなら別にそれでいいんじゃないかな、と思ってしまいました。
僕はデザイナーについて知識がないので的を得ているかわかりませんが、

自分ならもっとやれる、っていう想像力は結構重要なのではないかと思います。
いい感じに歳を取って、大人な考え方にっていうのは、
なんか面白くない(すみません)。

デザイナーなら何歳になっても、
自分ならもっとできる。
と思っていていいのではないかと思います。

投稿日時 - 2015-06-14 07:26:22

ANo.1

私は無いですね
そもそも夢や憧れみたいな物が有りませんからね


プロのミュージシャンになれるのは、ほんの一握り
だからこそ
自分の周りの人間は、そんな道を選ぶ事を許さないし
そして
大抵の人は、プロになる前に諦めて
堅実にお金を稼げる道を選ぶです

プロになった人は、周りの反対を押し切って
プロになれるだけの実力を身に付けた人間です
あなたは
自分の夢の為に人生を賭ける事が出来ていますか?
出来て無いから
そんな思いをしているのではないでしょうか

お笑いの世界ですが
最近良くテレビで見るようになった
「厚切りジェイソンさん」ってご存知ですか?
IT企業の役員を務めながら、お笑い芸人としても活躍されています
睡眠時間は、1日2時間か3時間って話です
今のあなただって、
やる気次第で、何にだってなれると思いませんか?
後は
やる気が有るか無いかの話しになります

新しい人生を進んでみる気はありますか?

投稿日時 - 2015-06-14 04:03:29

あなたにオススメの質問