こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

光ファイバーへの切り替えについて

現在私自身はADSLを使用中です。
プロバイダー BIGLOBE
回線     NTT東日本
質問は、私が住んで居るマンションで光ファイバー導入の動きが有ります。
A案 タウンテレビ(ケーブルテレビの会社)
B案 NTT”Bフレッツ”
A案・B案導入した場合のメリットとデメリットについて教えて下さい。
  

投稿日時 - 2004-06-22 13:00:03

QNo.900891

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんにちわ、jixyoji-ですσ(^^)。

念の為どこの高速常時接続事業者がtakashizipさんのお住まいでサービス・インしてるか下記HPでご確認ください。

「RBBTODAY」
http://www.rbbtoday.com/
このHPはADSLや高速常時接続に関して常時情報が更新するので役立ちます☆それとエリア検索、郵便番号検索機能があるのでご自身の住んでる場所でどこの高速常時接続がサービスしてるかわかります。

FTTH(光ファイバー)を導入したいのであれば詳細は下記HPでご覧ください。

「FTTx Information -FTTH,FTTB,光ファイバー ユーザー情報交換サイト-」
http://www.fttx.jp/

下記サイトでADSLとFTTH(光ファイバー)の月額総合系料金の比較ができるので活用してみると良いでしょう。

「\価格.com ブロードバンド\」
http://kakaku.com/bb/

参考程度に導入なさった例を下記HPでご覧ください。

「第43回:祝・FTTH2回線開通 ~BフレッツとUSEN BROAD-GATE 01を比較する~」
http://bb.watch.impress.co.jp/column/shimizu/2003/02/04/

もしFTTH(光ファイバー)を導入するのであればB-FLET,Sはお奨めしません。『シェアドアクセス』方式なので最大32人に共有して接続するので,利用者がアクセスする時間帯夕方~深夜にかけて極端に速度低下する事が多いのであまりお奨めしないんですよね~...(「・・)。NTT東西側の逃げ文句として『上下100Mbpsといえどベストエフォートなので...』というお決まりの発言をされて契約者は泣き寝入りのケースが多いんです。

「シェアドアクセス」
http://e-words.jp/w/E382B7E382A7E382A2E38389E382A2E382AFE382BBE382B9.html

A案,B案の2社択一であればA案の【タウンテレビ】をお奨めします。ただFTTH(光ファイバー)で同業他社が選択できるのであれば下記がお勧めですね。

「USEN、下り最大100Mbpsで月額2980円のVDSLサービス」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0404/30/news036.html

「有線ブロードネットワークス」
http://www.usen.com/

「TEPCOひかり」
http://www.tepco.ne.jp/

Yahoo!BBを提供するSOFT BANKは今年秋頃をめどに個人契約者を対象にFTTH(光ファイバー)事業へ参入予定です。

「光ファイバー事業にソフトバンク参入」
http://www.yomiuri.co.jp/net/news/20040428ij31.htm

それではよりよいネット環境をm(._.)m。

投稿日時 - 2004-06-22 13:34:48

補足

お世話になります。
最大32ユーザーと言う事は、私の住んでいるマンション
は24世帯なのですが、これなら速度が遅くなると言う
心配は無いということでしょうか。
そして、この心配が無いならBフレッツの方がOKとなりますか。

投稿日時 - 2004-06-22 14:54:43

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

A案 タウンテレビ南横浜(戸塚区・栄区 TownExpress)

メリット
・マンションコースは月額料金がインターネット単独で\3,339(税込)と安い。
・スーパーマンションコースでも月額\5,040(税込)となっており、プロバイダ費用が含まれていると考えればBフレッツマンションタイプよりも安い。
・同社のケーブルテレビ契約をすればインターネット接続料金としてはさらに安くなる。

デメリット
・スーパーマンションコースでは10Mベストエフォート、マンションコースだと1Mベストエフォートとなっていて、公称速度は出ないとは言ってもBフレッツよりは見劣りする。
・マンションコースだとプライベートアドレス1個割り当てとなる。
 (追加は可能)
・Webページ上に公開している情報が極めて少ない。

B案 NTT Bフレッツマンションタイプ
メリット
・多くの場合、加入しているプロバイダがそのまま使える。
・初期費用はプロバイダの無料キャンペーンが使えるので、かなりの割合で無料になる。
・解約しても利用者側に撤去費用は請求されない。

デメリット
・プロバイダと回線が別契約であるため、月額料金が高くなりやすい。
・利用するには、まとまった利用希望登録が必要である。
 サービス提供エリアに4~15件以上の希望登録、マンション導入に8件以上の見込みが必要
 件数が足りないといくら個人的に開通希望が強くても半永久的に待ち続けることになる。
・速度計測結果では他社の光ファイバーよりは多少低速になりやすい。

投稿日時 - 2004-06-23 22:14:02

お礼

有難う御座いました。
大変参考になりました。

投稿日時 - 2004-06-24 04:44:53

ANo.4

タウンテレビだと習志野と南横浜に業者があり、南横浜は元々2社であった所が合併したため、金沢区と戸塚区・栄区でサービス内容が異なっていますが、どちらになりますでしょうか?

いずれであったとしても、通信速度面でBフレッツより不利になっていたり、料金プランによっては端末台数に制限があったりするため、不満が出る恐れがあります。

投稿日時 - 2004-06-23 14:37:10

お礼

有難う御座いました。
戸塚区です。
通信速度面でBフレッツより不利になりますか。

投稿日時 - 2004-06-23 19:30:11

ANo.3

速度に対して補足が出ていましたので、知っている範囲で解説です。

ベストエフォートですので、
「理論的にはでますけど、かなランズ出るわけではありません。」
ということです。

マンションの場合、ひとつの回線(加入者数が多くなれば複数回線用意します。)を加入者で共有で使います。そのトータルが100Mbpsだということですね。
平均的に考えれば
ひとりあたり100/32=約3Mbps
が出ることになりますが、必ずしも等分に速度(専門用語では帯域)を分配するわけではないので、その速度だけ出る人もいますし、出ない人もいます。帯域が空いていれば快適にネットサーフィンができますが、混んでいるときはやっぱりそれなりになります。

ただその数字も1Mbpsで満足する人もいれば、不満に思う人もいるわけで、その人次第ということになります。
ADSLからの移行ということですから、現在の実効速度と比較して、大丈夫そうか考えてみてください。

この数字がすべてではない、確実にスピードが出るわけではない(それがベストエフォートの弱点)のがネックですが、あまり悲観的になる必要もないのではと思います。
いままでADSLで10MBくらい出ているような絶好の位置に住んでいる人が1Mくらいまで落ちればさすがに実感できるでしょうけど、私であればコンスタントに1Mでているようであれば、そんなに不満は感じないと思います。

投稿日時 - 2004-06-22 17:27:46

お礼

有難う御座いました。
参考にさせて頂きます。

投稿日時 - 2004-06-23 05:14:50

ANo.2

やっぱりプロバイダを変更しなければならないか、そのままでいけるかどうかは大きいと思います。

おそらく、Bフレッツにした場合はほとんどの方(メジャーなプロバイダに加入の方)はプロバイダの変更なくいけると思います。(メールアドレスも変わらないし、HPアドレスも大抵変えなくてすむ。)ただ、料金コースの変更が必要になります。

タウンテレビは詳細がわかりませんが、CATVのプロバイダに変更しなければならないということはありませんか?プロバイダの変更を苦にしない人ならいいのですが、長くやっている人だと、面倒な人も多いと思います。

速度的にはどちらもそんなに変わらないのではと思います。(両方ともベストエフォート型ですよね。)

個人の問題だけでしたら#1の方のように調べていただければいいと思います。(管理組合の決定にも役立つとは思いますので、見ておいて損はないと思います。)

投稿日時 - 2004-06-22 14:11:24

お礼

有難う御座いました。
プロバイダー及びアドレスの変更は痛いですね。
当然再び面倒な手続きをしなくてはならないと言う事ですね。

投稿日時 - 2004-06-22 15:05:09

あなたにオススメの質問