こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

和訳お願いしますm(_ _)m2

Higan and Bon
Buddhism refers to the present life as"this shore and to the life of enlightenment as the“ other shore”. Higan is a seven-day Budd hist memorial service for the dead held twice a year, centering on two periods, the vernal equinox(around March 21) and the autumnal equinox(around September 23) On these two days, the sun crosses the equator, and the lengths of day and night become equal. These two days are national holidays.
During Higan the Japanese have long had the custom of honoring their ancestors whom they believe to be in the “other world" of the west where the sun sets. People visit their family graves, clean them, and show reverence for the dead by offering flowers and incense. A kind of rice dumpling called ohagi, flavored with sweet bean paste or soybean flour, is also placed before the graves.

投稿日時 - 2015-07-18 01:02:29

QNo.9014249

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

彼岸と盆
仏教では現実世界を「此岸」と呼び悟りの世界を「彼岸」と呼ぶ。彼岸とは、年に二回ある、7日間の仏教徒の法事(宗教的な行事)で、二つの期間の真ん中、すなわち春分(3月21日前後)と秋分(9/23前後)にあたる。この2日間は、太陽は赤道上を通り、昼と夜の長さが等しくなる。

彼岸の間、日本人には、太陽が沈む西側の「あの世」にいると信じている先祖に敬意を表する古くからの習慣がある。人々は家族のお墓を訪れ、それらをきれいにし、花や線香を供えることで死者に対する敬意を表する。おはぎと呼ばれる、あんこやきなこの味のする、一種の米を練ったものもまた墓の前に供えられる。

投稿日時 - 2015-07-18 01:43:48

お礼

ありがとうございます(;Д;)(;Д;)

投稿日時 - 2015-07-18 01:57:58

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)