こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ネットのブログも歪曲が酷いのでは。

ネット上ではマスコミの捏造・歪曲・偏向報道が批判されていますが、ネット上でニュースを扱うブログにおいても歪曲や一部切り取りが酷くありませんか?

私がマスコミの偏向報道に興味を持ったのは多分韓流ブームの捏造疑惑の時でした。
その時、2ちゃんねるや当時人気が上昇していたブログやSNSなど、ネット上の言論に対しては、対偏向報道の存在として期待を私は持っていました。
マスコミから記事が日々配信されれば、問題点を指摘する存在として、期待していました。

しかし、対マスコミの存在としては良いと思うのですが、ネットはネットで歪曲が酷くありませんか?
記事には書かれていない発言をカギ括弧付きで勝手に意訳(?)するのは当たり前。
記事に入っている例え話は本題では無いのに、あたかもそれが本題のように題名を付けてブログで紹介したり、
その記事やただのイメージ画像に引っかかって、的外れなコメントがどんどんついていくなど、
マスコミを批判しながらもしかしてマスコミと同じ道辿っていませんか?

投稿日時 - 2015-08-29 20:59:57

QNo.9038718

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ネット言論はマスコミに対してオルタナティブですが、手垢のついた表現でいうと「玉石混合」です。


>マスコミを批判しながらもしかしてマスコミと同じ道辿っていませんか?

受け手によってはマスコミと同じになると思います。

SNSの使い方に社会(=多くの人々の集合)が耐性を持つことができれば解決するかもしれません。

「マスコミ」とか「対マスコミ」という風に1人よりも「大きなもの」があって、読み手としてそれに「頼る」「任せる」というあり方をやめないといけませんね。

幸いにもネットのSNS化で、各々が対等な「人間そのもの」として気軽に表現をできるようになりました。
そして、日常と同じで「あの人の言うことは信用できる・できない。あの人の聴衆は多い・少ない」という風に選別していくことができると思います。

発言の確かさを確認するための一次情報もネット上にあふれています。いまのところ、画像ではなくて動画であれば捏造ができにくいのでその辺確認してるかどうか。代わりに確認して発言してくれている人は誰か。ということを見極めることもできるのかなと思いました。

投稿日時 - 2015-08-29 21:40:24

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-08-30 09:20:11

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ネットは便所の落書きと同じかも。(´・ω・`)

投稿日時 - 2015-08-30 08:12:34

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2015-08-30 09:19:29

あなたにオススメの質問