こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

インク詰まり解消しません!

EP803A使用です。
印刷結果がおかしいので、ノズルチェックしたら、マゼンタとライトマゼンタがかすれていたのでヘッドクリーニングしました。
が、改善されないので何度か繰り返しましたがインクが無くなるばかりで改善されません。
ググってみると『インク詰まり解消液』なるものがあるらしいのですが、EPSONには【純正のヘッドクリーニング液】は無いようですね?
純正のものを使わなくて、一向に改善されなくて、インクに問題あったとしても
純正の詰まり解消液使わなかったから知りませんっていわれたら困るので。


※OKWaveより補足:「EPSON社製品」についての質問です。

投稿日時 - 2015-09-15 23:29:19

QNo.9048397

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

純正インクを継続して使用されている場合には、
焦る気持ちはわかりますが、「連続してクリーニング」は禁物です。

「クリーニング」が完了したらしたら、続いて
「ノズルチェック印刷」でクリーニング結果を確認します。
この組み合わせを1セットとして、3-4セットやっても完全解消しない場合は、
いったん電源ボタンで電源を切り(いきなりコンセントを抜かない)、
そのまま一晩寝かせてから、翌日にもう一度、1セットやってみてください。

ヘアスプレーを使っているとノズル付近に徐々に液がダマになって、
スプレーが出なくなったり、変な方向に飛ぶのと同じ考え方で、
純正インクを継続していても、霧状のインクが徐々に蓄積して、
インクがまっすぐ出るのを妨げてしまうのです。
クリーニングには、車のワイパーみたいな部品がノズルの表面をかきとるのですが、
頑固に固まった状態だと、すぐにはかき落とすことができませんから、
この蓄積したインクを「ふやかす」時間を稼ぐのです。

ふやけるための時間を稼がないままクリーニングを繰り返しても、
ほかの正常のノズルからどんどんインクが出るだけで、インクも無駄になりますし、
最悪、クリーニングやフチなし印刷ではみ出たインクを受け止める、
「廃インクパッド」という、修理交換4000円が必要になる部品の寿命を
著しく縮めます。

お調べになった「インクつまり解消液」というのは、
非純正インクメーカーや周辺機器メーカーが
エプソン、キヤノン、ブラザーなどの本体メーカーの承認なく、
「勝手に」出しているものばかりで、純正品にはありません。
もちろん、使ったことによる影響なども不明です。

かつてのインクジェットプリンターは目詰まりが多発していましたが、
ここ数年のモデルに関しては、純正インクを使っている限り、
仮に目詰まりが出ても、2-3回のクリーニング・ノズルチェックパターン印刷で
解消するレベルになっていると思います。

ちなみに、
純正を使っているのに頑固な目詰まりが出てしまうのは、
・エアコンの吹き出し口から直接冷風が当たる場所に設置して乾燥しやすい
・連動タップや節電タップなどといわれる、プリンターの電源が切れる前に、
勝手に電気の供給を止めてしまう電源タップを使っている
(電源オフの際には、ペンにキャップをするのと同じ動作をしますが、
いきなり電源が切られると、キャップをしないで放置するのと同じことになる)
などが考えられます。

参考URL:http://faq.epson.jp/faq/00/app/servlet/qadoc?001886

投稿日時 - 2015-09-16 10:26:30

補足

解りやすい説明、ありがとうございました。

>純正を使っているのに頑固な目詰まりが出てしまうのは、
・エアコンの吹き出し口から直接冷風が当たる場所に設置して乾燥しやすい

↑↑については、問題無いと思っています。

>・連動タップや節電タップなどといわれる、プリンターの電源が切れる前に、
勝手に電気の供給を止めてしまう電源タップを使っている

↑↑については、各々の差し込み口にスィッチがついています。
スイッチが点灯タイプです。全てONのままです。点灯していますので
≪勝手に電気の供給を止めてしまう≫っているのかどうかは不明です。

ですが、蓄積したインクを「ふやかす」つもりで気長にやってみます。

投稿日時 - 2015-09-16 14:44:39

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

純正のインクしか使っていなくて、保証期間内であれば、迷わず電話して無償修理してもらうことを勧めます。

保証期間が過ぎた場合は、修理は一声14000円なので、市販のクリーニング液を使ってダメなら買い替え、と言う段取りになります。

保証期間内で互換インクを使っていた場合は微妙ですね。互換インクが原因なら有償修理で14000円かかりますし、仮に無償でも、純正インクが装着されていなかった場合は返送時に純正インクが装着され、その代金は実費負担になります。

昨今のプリンタは、純正インクを使っていて、目詰り防止の自動クリーニングが行われる状態で維持していれば(コンセント挿しっぱなしにする)、数カ月ぶりの印刷でもカスレ一つないので、クリーニングすることは基本的にはないです。

互換インク使ってたときは、とにかくヘッドが詰まるのでクリーニングしまくりでした。だいぶプリンタの寿命縮めただろうなと思います…。

投稿日時 - 2015-09-15 23:53:44

補足

補足です

【互換インク】使っていません。

純正のインクです。
以前CANON機ですぐダメになって
『互換インク』が原因かもと思い
怖くて使えません。

投稿日時 - 2015-09-16 00:51:43

お礼

丁寧な説明ありがとうございました。

過去の経験を踏まえて
純正インクを使っていて、
コンセント挿しっぱなしにしていて
(目詰り防止の自動クリーニングが行われる状態で維持して)いるのですが、

お二人に教えていただいたことをやってみて
ダメなら修理、買い替えを検討しますね、

投稿日時 - 2015-09-16 14:54:57

あなたにオススメの質問