こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

インク交換後にインクが出なくなった。

エプソンPM4000PXのインクジェットプリンターですが、インク交換(リサイクルインク上質の物)したところ、交換するインクがすべてインクが出ず、4個の交換インクすべて色が出ません。プリンターは交換した色全て認識しているのですが。また、ノズルチェックを行いましたが、全く反応がありません。プリンターの故障でしょうか?


※OKWAVEより補足:「EPSON社製品」についての質問です。

投稿日時 - 2017-12-17 17:46:38

QNo.9408834

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。

リサイクルインクを使ったのがまずいかもしれません。
改めて交換した分のエプソン純正インクを購入し、正常に印刷するかどうか確認してみてください。

それでも色が出ない場合は
1.ヘッドクリーニング・ノズルチェックパターンの印刷を行う(最大4回繰り返し行う)
2.一旦インクカートリッジを外して再セットする
 ※再セットすることで、通常時よりも強力なヘッドクリーニングが
  行われますので、改善される場合があります。
  ただし、インクの消費量が多くなりますので、この方法は1回きりとし、
  繰り返し行わないでください。

ちなみに、PM-4000PXは2012年9月末をもって修理対応が終了していますので、万一、故障と判断した場合には新しいプリンターへ買替となります。

PM-4000PXはA3ノビ対応で、現在の「プロセレクション」に該当する機種のようです。その為、買い替える際の選択肢として2機種提示します。

1.「プロセレクション」の現行モデルに買い替え
SC-PX5VII
http://www.epson.jp/products/pro/scpx5v2/
〇本機種では「Epson UltraChrome K3インク」が採用されています。
 色構成はPM-4000PXに近い構成になりますが、「フォトブラック」と「マットブラック」は同時装着して目的に応じて切り替えて使用。また、「グレー」に加えて「ライトグレー」も追加された8色顔料となります。
 併せて、プリント最高解像度も向上されます。
 PM-4000PX:2880×1440dpi→SC-PX5VII:5760×1440dpi
 さらに、インクは大容量仕様なので、印刷頻度が高い場合でも
 交換頻度が少なくなります。
〇ノズルの数を増やした(各96ノズル→各180ノズル)ことで、印刷スピードが大幅に早くなりました。
 PM-4000PX:15分20秒(きれいモード、A3・写真用紙<絹目調>の場合)
 ↓
 SC-PX5VII:約2分33秒(標準、A3ノビ写真用紙<光沢>の場合)
〇印刷専用モデルですが、操作パネルは角度調節が可能なチルト式で、2.7型タッチパネルも搭載されています。
〇PM-4000PXではオプションだった無線LANが搭載され、あらかじめ「Epson iPrint」をダウンロードしたスマートフォンやタブレットからでもプリント指示が送れるようになります。さらに、パソコン・スマートフォン・タブレットに無線LAN機能が搭載されていれば、無線LANルーターなしでも直接ワイヤレスプリントが可能な「Wi-Fi Direct」にも対応します。

2.「プロセレクション」よりも安く購入できるA3ノビ対応モデル
EP-50V
http://www.epson.jp/products/colorio/ep50v/
※本機種は「カラリオV-Selection」の印刷専用モデルです
〇A3ノビ対応モデルながら、幅が短くなったことでコンパクト化されました。
 (PM-4000PX比、設置面積約16%ダウン、体積約35%ダウン)
 PM-4000PX:幅631mm×奥行334mm×高さ205mm
 EP-50V:幅476mm×奥行369mm×高さ159mm
〇本機種では「Epson ClearChrome K2インク」が採用されています。
 色構成は基本4色(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック)に、レッドとグレーを加えた6色染料となります。
〇給紙方法はPM-4000PXの背面から、前面と背面の2wayになりました(前面給紙はA4サイズまでの対応)。背面からでも普通紙で50枚、写真用紙で20枚の連続給紙が可能です。
〇印刷専用モデルですが、2.4型液晶モニターが搭載されており、角度調節が可能なチルトパネルも搭載されています。
〇交換式メンテナンスボックスが採用され、廃液交換をユーザー自身でできるようになったことでダウンタイムを無くしました。
 (修理交換が必要なのはフチなし印刷時における廃インクを溜める吸収材のみ)
〇「高速MACHヘッド」の搭載により、印刷スピードが大幅に早くなりました。
 PM-4000PX:15分20秒(きれいモード、A3・写真用紙<絹目調>の場合)
 ↓
 EP-50V:約2分23秒(標準、A3ノビ写真用紙<光沢>の場合)
〇PM-4000PXではオプションだった無線LANが搭載され、あらかじめ「Epson iPrint」をダウンロードしたスマートフォンやタブレットからでもプリント指示が送れるようになります。さらに、パソコン・スマートフォン・タブレットに無線LAN機能が搭載されていれば、無線LANルーターなしでも直接ワイヤレスプリントが可能な「Wi-Fi Direct」にも対応します。
 プリント指示が送られると、自動で電源が入り、排紙トレイも自動で開きます。

投稿日時 - 2017-12-17 18:51:00

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

インクジェットプリンタでよくある症例ですよね。
故障ですので メーカーに修理依頼をされるのか買い換えるのか?貴方次第です💦
それが嫌になってレーザープリンターに買い替えました💦

投稿日時 - 2017-12-17 19:47:24

互換インクで友人の印刷機ですが、これがあったんですよ。
で、6本で1000円のクリーニング用を買いました。これでクリーニング後、互換インクで印刷は問題でません。きれいに印刷可能なんですが・・・
2~3週間後、印刷がまばら。再度クリーニング。また装着してあった互換インクに変える・・・と印刷。3回(9カ月ぐらいになるでしょうか)あったので、今度インクが無くなったら純正にしようと思います。

ICチップ込で互換インクは覚悟しないといけませんね。純正が良いと言うわけではありませんよ。

投稿日時 - 2017-12-17 18:34:20

安物インクを使ったため、ノズルの目詰まりやチップの内容のエラーが出たかでしょう。
形的にはプリンターの故障ということになるえしょう。
インクを純正の物にして直るのかどうかは判断できませんし、多くの場合は社外品インクを使用した場合は保証期間中であっても補償対象外と保証書に記載されているので、修理は基本的に実費となります。

投稿日時 - 2017-12-17 17:56:04

ANo.1

(1)全てのインクカートリッジを装着したまま、[インク]スイッチを押します。
(2)インクカートリッジ挿入部が交換位置に移動したら、認識されないインクカートリッジをセットし直します。
カートリッジカバーとプリンターカバーを閉めて、[インク]スイッチを押します。

投稿日時 - 2017-12-17 17:53:25

あなたにオススメの質問