こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

インクの種類は、何が目的か?

(1)プリンターの機種によって、交換インクの種類が多すぎる。
プリンターを買いかえると、在庫のインクが廃棄せざるをえない。

(2)更に、価格がベラボウに高い。

(3)モノクロしか使用しなくても、他のインクが減るのはなぜか?

(4)黒が残っているのに、他の色が無くなると全く印刷機能がストップするのはなぜか?

もう少し、消費者の目線や環境に配慮した商品にすべきである。

※OKWAVEより補足:「EPSON社製品」についての質問です。

投稿日時 - 2019-01-02 14:46:41

QNo.9573686

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

(1)
>プリンターの機種によって、交換インクの種類が多すぎる。
そんなことはないでしょう。機種Aに対応するのはインクA。
自分の持っている機種に対するインクはせいぜいサイズ違いでの各色2つか
ビジネス系ではSMLの3つ。決して多いとは思いません。

>プリンターを買いかえると、在庫のインクが廃棄
これはたしかにそうですが、最近では↓なのも出てきていますね。
https://www.epson.jp/products/colorio/smile/
未使用未開封インクの事実上の買い戻しサービスのようです。

これを言ったら、ボールペンだっていつ軸が折れるかわからない中で、
替え芯の在庫を適切量に抑えるのはある種のセンスだと思いますけど。

最近普及しつつあるエコタンク式では、
普通紙メインの4色モデル、写真もやるW黒の5色モデルで収斂しているので、
カートリッジの増殖ペースは鈍化していると感じます。

そもそも小型化や高速化のためには、
液体が入っていて不安定なカートリッジはできるだけ小型軽量化しつつも、
往復運動の遠心力がかかってもヘッドに自然落下で供給しなくちゃいけないわけで、
その両立はきわめて高度な物理学だと思われますけどね。

(2)
これは各人の価値観ではないかと。
個人的には写真が20円、A4ドキュメントがその半額以下なら御の字かと。
それこそコンビニのマルチコピー機だっていいわけですし。

高いという人は大抵、非純正インクを買って認識しなかったり、
使わずにひどい目詰まりを起こしてクリーニングでインクを捨てているのでは?
わかっている人は「1回のクリーニング>>>適度に印刷」を理解しているので、
つまらない程度にうまくノズルチェックを印刷したりして、
「詰まらせない運用」を工夫していますね。

(3)&(4)
https://faq2.epson.jp/web/Detail.aspx?id=413

そもそもモノクロ印刷しかしないのなら、
モノクロプリンターを買えばいいわけですし。
https://www.epson.jp/products/ecotank/pxs170t/
https://www.epson.jp/products/ecotank/pxs160t/
この辺のエコタンク式などがあれば、本体もランニングもレーザーより安い。

たまにカラーが必要なのならコンビニコピー機や、
安価なカートリッジ機を併用するか、
そもそも4色エコタンクを入れればいい。
https://www.epson.jp/products/ecotank/ewm630t/
この機種なら、長年使う上でのリスクとなる、
クリーニングの廃インクパッドは消耗品となっていて、セルフ交換できるし、
非対応なのはディスクレーベル印刷くらいか。
かなり万能な、長期スパンでみてもお得な機種だと思えます。

というわけで、おおむね提言は現在の機種やサービスで実現されているか、
製品の特性をよく理解することで対応できる状態になっていると思います。

投稿日時 - 2019-01-02 21:44:39

ANo.5

印刷品質にこだわらなければ、安いプリンターをお薦めします。
現在、最安値4980円です。
インク代とほぼ同額ですのでご検討下さい。
http://kakaku.com/item/J0000025485/spec/#tab
おそらく、不満度は下がるかと思います。

尚、ご質問は最もです。私もそう感じています。
本体を安く売り、インク代で儲けているのです。
ハズレを買うと1.5年ぐらいで故障する時もあります。
高い年賀状代になります・・・笑

投稿日時 - 2019-01-02 16:06:00

ANo.4

パソコン用プリンタのメーカーはキヤノンとエプソンが高いシェアを占め、それ以外にブラザーがいくらかあるくらいです。かつての日本電気、シャープなどは撤退しました。つまり競争が無いわけですから事実上独占に近い状態です。メーカーからすれば一度売れてしまえば本体からは利益が出ないわけですから、交換インクで儲けようとするわけです。どうしてもそのようになります。「消費者の目線」でいったん売れたらその後利益が出ないようでは会社の収益につながりません。消費者目線ではなく、会社の経営が第一なのはどこも同じです。

投稿日時 - 2019-01-02 15:49:46

ANo.3

自分はEPSONオンリーですから、今までEPSONしか購入した
経験がありません。特に理由はありません。

1)確かにその通りです。EPSONなんだから新しい機種が出ても
全ての機種で使えるように、インクは全て統一すれば良いと昔から思
っています。この事はEPSONに聞いて見ないと分かりません。
別に破棄する必要は無く、未使用であればリサイクルショップで買い
取って貰えます。ただ大幅に安く叩かれますが。

2)これもEPSONに聞かないと答えは出ません。セットで購入す
ると減りが遅いインクは余ってしまいます。確かにセットの方が安い
のですが、自分は割高になっても必要なインクしか買いません。

3)モノクロ印刷は黒インクしか使われていないと思ってませんか。
実際は僅かですが他のカラーインクも使用されています。つまりモノ
クロ印刷の黒は本当の黒では無いと言う事です。
これがそもそも理解出来ない。モノクロ印刷なんだから黒しか使用し
ないようにすれば良いのにと何時も思っています。

4)モノクロ印刷は3で回答した通りです。カラーも全てのインクを
使用しますから、どれか1色でもインクが無くなると印刷が出来なく
なります。モノクロ印刷は全ての色を使用するので、1色でも無くな
ると印字が出来ません。これは仕方がないと思います。

EPSONだけでなくキヤノンもブラザー等も全て同じです。

投稿日時 - 2019-01-02 15:10:45

ANo.2

「プリンタ-の製造会社」の「営業方針」なので仕方有りません。

気に入らないなら、「社外インク」を購入するか、貴方が「製造会社の社長になる」以外は有りません。(非常に残念では有りますが)

投稿日時 - 2019-01-02 15:07:38

それは貴方の都合。
プリンター本体の価格を抑える為。
モノクロ印刷であっても、特別にモノクロプリント機能のない機種は複合的にインクを使うだけの話。
複合的にインク残量が影響する。
では、貴方はプリンター本体がインク交換費用をケチって効果になっても構いませんか?
環境に配慮した?
インクタンクはリサイクルユースですけど。

投稿日時 - 2019-01-02 14:59:54

あなたにオススメの質問