こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

次の英文を訳して下さい。

They are, with very few exceptions, utterly useless. Their main job is to satisfy the lust of the gentlemen officers and, rather shamefully, of a number of doctors, too [-] New officers are coming in almost daily with cases of syphilis, gonorrhoea and soft chancre. The poor girls and women feel so flattered when they get chatted up by one of these pestilent pigs in their spotless uniforms, with their shiny boots and buttons." Other accounts reveal the pervasive presence of starvation and disease, including cholera, and the diary of Helena Jablonska, a middle-aged, quite wealthy Polish woman, reveals class and anti-semitic and racial tensions in the town; " The Jewish women in basements rip you off the worst", and on March 18, 1915 – "The Jews are taking their shop signs down in a hurry, so that no one can tell who owns what. [-] They've all got so rich off the backs of those poor soldiers, and now of course they all want to run away!" Once the Russians arrived in March the fate of the Jews worsened and she noted: "The Cossacks waited until the Jews set off to the synagogue for their prayers before setting upon them with whips. There is such lamenting and despair. Some Jews are hiding in cellars, but they'll get to them there too." Airmail flights from Przemyśl during both sieges when airmail postcards, mostly military mail, were flown from the besieged city on twenty-seven flights. Following a forced landing, mail from one flight was confiscated by the Russians and sent to Saint Petersburg for postal censorship and onward transmission. Balloon mail, on some manned but mainly unmanned paper balloons, was also carried out of the city. Pigeon mail was also used to send messages out of the city. The fall of Przemyśl led many to believe that Russia would now launch a major offensive into Hungary. This anticipated offensive never came, but the loss of Przemyśl was a serious blow to Austro-Hungarian morale. A further blow to Austria-Hungary was the fact that Przemyśl was only supposed to be garrisoned by 50,000, yet over 110,000 Austro-Hungarians surrendered with the fortress, a much more significant loss. The Russians held Przemyśl until the summer of 1915 when the Gorlice-Tarnow Offensive pushed back the Russian front in Galicia. Przemysl stayed in Austro-Hungarian hands until October 1918 at which point Eastern Galicia left the Austro-Hungarian Empire and became part of the newly created independent state of Poland. The Austro-Hungarian army never recovered from its losses in the winter of 1914–1915 and the Habsburgs would rely henceforth on German assistance both in their sector of the Eastern Front and in the Balkans.
Meanwhile Austro-Hungarian attempts to relieve the fortress ended catastrophically as the poorly supplied and outnumbered imperial forces attempted offensive after offensive through the Carpathian Mountains. Casualties for January to April 1915 in the Carpathians were officially reported as 800,000, mostly due to weather and disease rather than combat.

投稿日時 - 2019-05-18 14:40:29

QNo.9617709

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>They are, with very ~ shiny boots and buttons."
⇒ごくわずかな例外を除いて、彼女ら(看護師)はまったく役に立たない。彼女らの主な仕事は、紳士将校の欲望を満たすことであり、破廉恥な多数の軍医の欲望を満たすことである。〔-〕。新しい将校がほぼ毎日、梅毒、淋病、軟性下疳(げかん:性交による伝染性潰瘍)を訴えるようになってきている。貧しい少女や女性たちは、きんきらのブーツやボタン、汚れていない軍服を着たこれらの病原菌のような豚たちに言い寄られると、とても得意げにしている」と(新兵ヨゼフ・トマンの日記は述べている)。

>Other accounts reveal ~ get to them there too."
⇒別の説明では、飢餓やコレラを含む病気の蔓延などが暴露されている。例えば、ポーランドのかなり裕福な中年女性ヘレナ・ヤブロンスカは、町における階級や反ユダヤ主義や人種的な緊張を明かしている。「地下室のユダヤ人女性はおぞましいほどに人から物を巻き上げます」、そして1915年3月18日に―「ユダヤ人は急いでお店の看板を降ろしていますので、誰が何を所有しているのか誰にも分かりません。〔-〕。彼らは皆、それらの哀れな兵士たちをカモにしてとても裕福になりましたので、今や彼らはこぞってそこを逃げ出す魂胆です!」。3月にロシア人がやって来てからユダヤ人の運命は悪化した、と彼女は述べた。すなわち、「コサック兵は、鞭でユダヤ人を襲う前に彼らが祈りのためにシナゴーグに出かけるのを待ちました。そういう嘆きや絶望感があるのです。一部のユダヤ人は地下室に隠れますが、彼らはそんなところ所にもやってきます」、と。
※この段落、特に後半よく分かりません。誤訳の節はどうぞ悪しからず。

>Airmail flights from ~ blow to Austro-Hungarian morale.
⇒包囲戦の間、プシェムィシルからの航空便は、航空郵便(大部分は軍用)が包囲された都市から27便(数)運ばれた。ある一つの飛行便の強制着陸で、ロシア人に郵便物が没収され、郵便検閲とそれ以降の送信のためにそれがサンクトペテルブルクに送られた。気球による郵便も、時に有人のこともあったが、主に無人の紙製気球で、市内から運び出された。伝書鳩郵便もまた、市内からメッセージを送信するために使われた。プシェムィシルが陥落すれば、ハンガリーに対してロシアが大攻勢を開始するだろうと多くの人々に信じさせた。この予期された攻撃は全く起こらなかったが、プシェムィシルの喪失はオーストリア‐ハンガリー軍の士気にとって深刻な打撃となった。

>A further blow ~ and in the Balkans.
⇒オーストリア‐ハンガリー軍にとってさらなる打撃となったことは、プシェムィシルに50,000人しか駐屯していなかったにもかかわらず、110,000人以上のオーストリア‐ハンガリー人が要塞とともに降伏し、極めて甚大な損失を被ったという事実であった。「ゴルリス‐タルノウ攻勢」がガリツィアのロシア戦線を後退させた1915年夏までは、プシェムィシルはロシア軍が保持していた。プシェムィシルは1918年10月までオーストリア‐ハンガリー軍の手に留まり、その時点で東部ガリツィアがオーストリア‐ハンガリー帝国を離れて新たに創設されたポーランド独立国家の一部となった。オーストリア‐ハンガリー方面軍は、1914/1915年の冬にその損失を回復することがなかったので、ハプスブルク家はその後東部戦線とバルカン半島の両方の地区でドイツの支援に頼ることになった。

>Meanwhile Austro-Hungarian attempts ~ rather than combat.
⇒その間、要塞を救おうとするオーストリア‐ハンガリー軍の試みは、不十分な供給のゆえに壊滅的な終焉を迎え、数的優位に立った帝国軍がカルパチア山脈で攻勢に継ぐ攻勢を試みていた。1915年1月から4月のカルパチア山脈における死傷者は正式には80万人と報告されたが、これは戦闘というよりはむしろおもに天候と病気に起因する犠牲であった。

投稿日時 - 2019-05-25 16:07:33

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-05-26 01:28:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)