こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

和訳をお願いします。

Von Spee then learned that Australian and New Zealand forces had captured German Samoa, and he sailed off in his flagship Scharnhorst—along with her sister ship Gneisenau—to engage what Allied forces they could find there. Failing to catch the Samoa Expeditionary Force at Apia and having seen no action at all since leaving Pagan Island, the men of Admiral von Spee's armored cruisers were eager to meet the enemy in battle.
Von Spee decided to raid Papeete in Tahiti on his way to rendezvous with the rest of his squadron at Easter Island. The French held over 5,000 t (5,500 short tons) of high-quality Cardiff coal at the port, and von Spee hoped to seize the coal piles to replenish his squadron's supply. Additionally, von Spee aimed at destroying what allied shipping he could find in the harbour, and thought the raid might help raise his men's morale. Von Spee intended to coal at Suwarrow Atoll before sailing to Papeete, but was prevented by foul weather. Instead, von Spee decided to take Scharnhorst and Gneisenau and attempt to resupply at Bora Bora while Nürnberg and Titania were dispatched to Nuku Hiva to guard the fleet's colliers. The German admiral intended to keep his vessels' identities secret by disguising them as French ships, flying French flags, and only allowing French- and English-speaking members of his crew contact with the Frenchmen present there. Von Spee managed to replenish his food stores using gold seized by Titania and Nürnberg during their raid of Fanning, and was able to discover the strength of the French military in the region as well as the exact size and positions of the coal piles at Papeete.
The French had no heavy defenses at Papeete but had been warned that von Spee's squadron might raid Tahiti and that a German squadron had been sighted off Samoa. Although Papeete was the capital of the French Settlements in Oceania, by 1914 it had become a colonial backwater, lacking a wireless station and having a garrison of only 25 colonial infantry and 20 gendarmes. In order to bolster the town's defenses, Lieutenant Maxime Destremau—commander of the old wooden gunboat Zélée and the ranking officer at Papeete—had his ship's 100 mm (3.9 in) stern gun and all of her 65 mm (2.6 in) and 37 mm (1.5 in) guns removed from his vessel and placed ashore to be used in place of Papeete's antiquated land batteries. Several Ford trucks were turned into impromptu armored cars by mounting them with Zélée's 37-mm guns and 160 sailors and marines drilled in preparation to repel any German attempt at landing. Zélée retained only her 100-mm bow gun and 10 men under the ship's second in command. In addition to the gunboat and harbor fortifications, the French also had at Papeete the unarmed German freighter Walküre, which had been captured by Zélée at the start of the war. Despite the French preparations, the two German cruisers were more than a match for the forces Destremau commanded at Papeete.

投稿日時 - 2019-05-18 14:47:33

QNo.9617711

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>Von Spee then learned ~ the enemy in battle.
⇒その後フォン・シュペーはオーストラリア軍とニュージーランド軍がドイツ領サモアを攻略したことを知り、自軍の旗艦シャーンホルスト号で ―姉妹船グニセナウ号と共に― 航海に乗り出し、出会った連合国軍と交戦した。アピアでサモア遠征軍を捕捉しそこなって、パガン島を発って以来何の戦闘活動も経験することがなかったので、提督フォン・シュペーの装甲巡洋艦の兵士らは敵にまみえて戦いを挑むことに飢えていた。

>Von Spee decided ~ prevented by foul weather.
⇒フォン・シュペーは、タヒチでパペーテを襲撃し、イースター島で艦隊の残り部隊と合流することにした。フランス軍はこの港で5,000トン(5,500小トン)の高品質カーディフ炭を保有していたので、フォン・シュペーは艦隊を補給するためにその石炭山を掌握することを望んだ。加えて、フォン・シュペーは港内で見つけた連合国軍の海運施設を破壊することを狙って、それを襲撃すれば配下の士気を高めるのに役立つかもしれないと考えた。フォン・シュペーは、パペーテを目指して航海に出る前にスワロー環礁で石炭積み込みをしようとしたが、悪天候によって妨げられた。

>Instead, von Spee decided ~ coal piles at Papeete.
⇒代わりに、フォン・シュペーはシャーンホルスト号とグナイセナウ号を随行させて、ニュルンベルク号とチタニア号が艦隊の石炭船を守るためにヌク・ヒバへ派遣されている間にボラ・ボラで補給しようと試みた。ドイツ軍の提督は、配下の船隊をフランス船として偽装し、フランス国旗をはためかせて、フランス語や英語を話す乗組員だけが出くわすフランス人と接触できるようにして、自軍の船舶の身元を秘密にしておくつもりだった。フォン・シュペーは、ファニング襲撃の間にチタニア号とニュルンベルク号によって押収された金を使って自軍艦船の食料庫を補充することに成功し、その地域におけるフランス軍の軍勢とパペーテの石炭山の正確な規模や位置を発見することができた。

>The French had ~ Papeete's antiquated land batteries.
⇒フランス軍は、パペーテに重厚な防御施設を持たなかったが、フォン・シュペーの戦隊がタヒチを襲撃する可能性があること、およびドイツ軍の戦隊がサモアを狙っていることは警告していた。パペーテはオセアニアのフランス人居留地の首都であったが、1914年までに植民地の僻地となり下がり、無線局はなく、わずか植民地歩兵25人と憲兵20人の守備隊が駐留するだけであった。町の防衛力を強化するために、マクシム・デストレモ中尉―古い木造の小型砲艦ゼレ号の司令官兼パペーテの最高将官―は、彼の船舶の100ミリ(3.9インチ)船尾砲1門とすべての65ミリ(2.6インチ)・37ミリ(1.5インチ)砲とを彼の船から取り外し、パペーテの時代遅れの陸上砲列の代わりに使うため、陸上に設置した。

>Several Ford trucks ~ Destremau commanded at Papeete.
⇒ドイツ軍上陸の企てを撃退するのに備えてゼレ号の37ミリ砲数門、160人の水夫と海兵隊員を数台のフォードトラックに搭載することで、それが即興装甲車に変わった。ゼレ号には100ミリのボーガンと10人の兵士だけを船の補佐指揮下に留め置いた。小型砲艦と港湾要塞に加えて、フランス軍はまた戦争の開始時にゼレ号で捕獲していた非武装のドイツ貨物船ワルキュール号をパペーテに保持していた。このフランス軍の準備にもかかわらず、2隻のドイツ軍巡洋艦は、デストレモがパペーテで指揮する軍団を上回るもの(軍力)であった。

投稿日時 - 2019-05-27 19:59:58

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-05-28 19:01:03

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)