こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

EP-776Aプリンターの吸収パット限界使用不可

「プリンタドライバのダウンロード・インストール方法」を入手してやってみたがうまく行きません。
プリンタドライバのダウンロードは正常に終了したが、winzipによる解凍ができません。
尚、windows8.1,windows7の両方やりましたが、出来ません。
良い方法を教えてください。

※OKWAVEより補足:「EPSON社製品」についての質問です。

投稿日時 - 2019-10-13 16:47:25

QNo.9666783

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

質問のタイトルと質問本文が連携していません。

仮に現象がEP-776Aで液晶パネルなどに
「廃インク吸収パッドの吸収量が限界に達しました」
などと表示され、それ以上プリンターが動作しない場合の対処は、
「メーカーでの修理対応」が基本ですので、
ドライバーの再インストールなどで解消する類のものではありません。

「廃インク吸収パッド」は、プリンターのヘッドクリーニングなどをした場合に噴射されるインクを吸収揮発させる部品です。
経年によりクリーニング回数が一定の値を超えると、
インクがあふれ出すのを防ぐために、メーカーで部品交換などをしないと、
それ以上の継続利用はできないようになっています。

特に非純正インクを使った場合などは、クリーニングの頻度が相対的に増すため、メーカー想定よりも早く交換時期に至ることがあります。
廃インク吸収パッドのみの交換で他に修理が無い場合は4000円の定額制です。

しかし、EP-776Aの場合なのですが、
https://www.epson.jp/support/portal/hoshu/ep-776a.htm
発売日:2013年9月 修理対応期限:2019年7月31日
とあるように、今年の7月末でメーカーの修理対応が終わってしまっています。
(ユーザー登録をしていれば、お知らせメールなどが配信されたはずです。)

したがって、メーカー修理もできないため、
これ以上の継続利用はできません。

買い替える場合、70番の純正インクの買い置きが多数ある場合は、
現行で70番インクを使えるのが
スキャナー機能のないプリンターのみのEP-306になります。
https://www.epson.jp/products/colorio/ep306/

複合機の場合ですが、EP-776Aからの買い替えの場合、
直系の後継はEP-812Aおよびその昨年モデルEP-811Aになります。
https://www.epson.jp/products/colorio/ep812a/
https://www.epson.jp/products/colorio/ep811a/
ちょうどモデルチェンジの時期なので、EP-811Aが残っていれば、お買い得かもしれません。

ただ、最近の機種では、画質一辺倒から変わってきていて、
廃インク吸収パッドを自分で消耗品として替えられる機種があります。
この機種の場合、今回のようなことにはなりません。
(インク同様、メンテナンスボックスは消耗品なので、メーカー修理終了後も販売が継続される)
今後のプリンター選びの一つとして
「交換式メンテナンスボックス対応」を選択基準にするとよいです。

また、最近は量を印刷する場合にカートリッジ代を気にする場合には、
エコタンクという大容量インクモデルが出てきていますので、
こちらもプリンタ選びの一つの軸になってきていますね。

プリンタの使い方に合わせて、機種を選んでみてください。
https://www.epson.jp/products/homeprinter/

投稿日時 - 2019-10-13 22:39:15

ANo.2

ん~。

吸収パット限界使用不可ですよね?
ドライバーがインストールされても
プリンターがロックされていますから
使えませんよ。

まずはメーカー修理に出しましょう。

真樹より。

P.S.ドライバーはホームページからの
ドライバーを選ぶとOSバージョンは
自動で選ばれるのでその選ばれた
ドライバーファイルを
インストールで使うとよろしいですよ。

投稿日時 - 2019-10-13 18:28:01

ANo.1

https://www.epson.jp/support/portal/hoshu/ep-776a.htm
こちらのプリンタですか。


本体液晶ディスプレイ表示の内容と対処方法について教えてください<EP-776A>
https://faq2.epson.jp/web/Detail.aspx?id=32866&dispNodeId=1800

廃インク吸収パッドの吸収量が限界に達しました。
エプソンの修理窓口に交換をご依頼ください。

と出ているようなら修理窓口に相談と言いたいところですが
「修理対応期限:2019年7月31日」となっていて既にメーカーによる修理対応は終了していて廃インク吸収パッドの交換も出来ません。
プリンタ自体の買い替えが必要かと。

投稿日時 - 2019-10-13 17:00:26

あなたにオススメの質問