こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

「廃インク吸収パッドの吸収量が限界に達しました」

廃インク吸収パッドの吸収量が限界に達しました。
エプソンの修理窓口に交換をご依頼ください。

が消えない。

※OKWAVEより補足:「EPSON社製品」についての質問です。

投稿日時 - 2019-12-14 09:26:58

QNo.9689947

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

こんにちは。

廃インク吸収パッドはユーザー自身での交換ができませんので、
基本的にはエプソンへの修理依頼が必要となります。

ただし、古い機種で修理対応期限が過ぎている場合や、
プリンターの値段が廃インクパッドの交換費用よりも安い場合は
新しいプリンターへの買替をお勧めします。

エプソン製プリンターの一部には、廃インクをパッドで吸収するのではなく
タンクに溜める「交換式メンテナンスボックス」を採用している機種があります。タンクはインクカートリッジや用紙等と同じように消耗品として売られており、ユーザー自身で交換できますので、パッド交換のために修理を依頼することも、使えなくなる期間もなくなります。

EW-452A
https://www.epson.jp/products/colorio/ew452a/index.htm
4色(染料カラー+顔料ブラック)/1.44型液晶

EP-882A(AW/AB/AR)
https://www.epson.jp/products/colorio/ep882a/
6色染料/4.3型ワイドタッチパネル
※旧モデルのEP-881A(AW/AB/AR/AN)も対応しています。
https://www.epson.jp/products/colorio/ep881a/

EP-982A3
https://www.epson.jp/products/colorio/ep982a3/
6色染料/4.3型ワイドタッチパネル/A3対応

投稿日時 - 2019-12-14 14:33:37

ANo.3

お使いのプリンター機種名は必ず書いてください。

メッセージにある通り、EPSONの修理窓口で、
「廃インク吸収パッド」という、
クリーニングで出たインクを受け止めて揮発させる部品を
交換処理しないと継続利用はできません。

なお、EPSONでの修理対応期限を経過(販売終了から5-6年)していると、
そもそも修理ができないので、事前に確認してください。

https://www.epson.jp/support/
にて中央の検索窓に型番を入れると
添付画像(例:EP-807AB)のような情報が表示されます。
修理対応期限の項を確認してください。

修理受付中であれば、エプソンの場合
・家庭用機種
・廃インク吸収パッド交換以外の修理箇所が無い
のであれば、通常修理とは別体系の、
4000円の固定料金制になっています。
また、梱包不要で宅配便ドライバーに渡すだけの往復便送料が1500円なので、5500円+税で対応が可能です。

https://www.epson.jp/support/shuri/doortodoor/
より、直接申し込めばおよそ1週間程度で戻ってきます。
店舗に持ち込むと物流が長くなるのと中間マージンを取られますから、
直接EPSONとやったほうが良いですよ(販売店の延長保証が利く場合のぞく)。

投稿日時 - 2019-12-14 12:41:37

ANo.2

自分で分解し廃インク吸収パッドを交換しても
プリンターのカウンターをリセットしなければ
「廃インク吸収パッドの吸収量が限界に達しました」
の表示は消えません。
基本的にリセットツールは門外不出となっており
メーカーでリセットしてもらうしかないようになっています。

投稿日時 - 2019-12-14 10:39:35

ANo.1

型式が不明ですが、ヘルプを参照してください。
(「廃インク吸収パッドの吸収量が限界に達しました。」のエラーが表示された場合の対処方法)
https://faq2.epson.jp/web/Detail.aspx?id=1859

自分で処理する裏技的なことが「型式と廃インク」で検索するとヒットするかも知れないですが、購入した方が安い場合もあります。
(例)
https://tatsu8.jp/rasuto/kisyu/EP-806A/Reset.html

投稿日時 - 2019-12-14 09:37:04

あなたにオススメの質問