こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

SSDとHDDの上手い使い分けについて

SSDとHDDの上手い使い分けについて

まずパソコンを購入したときの知識として、大雑把に言うとSSDにWindowsなどシステムファイルを入れて、写真や書類などデータは別のドライブ(私の場合はDドライブのHDD3TB)に入れるものと聞いていてそのようにしていました。最近SSDにインストールしたソフトで容量の多いデータを扱うことになり以下の疑問が生まれました。


1、SSDは書き込み回数が決まっていると聞くけど読み込み回数は?

2、そもそも書き込みと読み込みの違いは? データ保存や上書きが書き込みで、ソフトからデータを開くのが読み込み?

3、1つ1MBのデータを保存しても書き込み回数1回、1つ1GBのデータを保存しても書き込み回数は同じく1回?(書き込み回数に容量は関係ない?)

4、SSDにデータを入れても、書き換えるのではなくてソフトから読み込むだけならば寿命に大きく関わることはない?


4について疑問に思った理由ですが…
楽曲制作ソフトCubaseをドライブCのSSDにインストールしており、追加データとしてソフト内で使える拡張音源が3GB程度あります。
容量が大きかったのでインストールドライブCのSSDではないドライブDのHDDに置いたところ上手く読み込みしてくれず、恐らくソフトをインストールした同じディスクに保存しなくてはいけないようでした。
このとき、一度データをSSDに置いてしまえば(3GBの書き込み?)以降書き込みは無いのか、要するにSSDの寿命には大きく関わらないのか。
もし関わるのであれば楽曲ソフト自体をアンインストールして音源もろともHDDに移すしかないと思われます。そうすると楽曲ソフト自体がHDDに保存されるのでSSDの早さの恩恵を受けられない
…と、読み込みと書き込みの違いでイマイチどうすべきか判断がつきません。

ソフトでその音源を使って鳴らしたりするのは読み込み? ソフト上で設定(音の特徴、音量や長さなど微調整)を変えると書き込みになる?

結局SSDとHDDの使い分けはどうするのが一番効果的なのでしょうか? 
極力ソフト自体はSSDにインストールして、その他プロジェクトデータ等、保存場所を別のドライブに指定できるような場合はHDDにしています。

PCのドライブ構成はCドライブ 430GB SSD、Dドライブ 2.72TB HDDです。

投稿日時 - 2020-09-10 19:30:26

QNo.9797322

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

ユーザーデータ自体の書き込み回数は気にしなくて良いです。
SSDの空き容量が極端に少なくなると、書き込む場所の分散
(ウェアレベリング)ができなくなり、SSDの寿命が縮みます。
(一説には20%以上が望ましいといわれています。)

空き容量を確保していたら、理論的には数十年レベルで個々の
書き込み回数は気にしなくて良いです。

なので、読み込みが早いほうが良いシステムや複雑なソフトを
SSDに入れ、容量を圧迫する大容量データはHDDに入れるのが
望ましいです。

投稿日時 - 2020-09-10 23:11:35

お礼

案外SSDの寿命は長いようですね(勿論正しい使い方をした上で)。
調べているとおっしゃるように空き容量で寿命が変わるとあり、現在10%弱しか空きがないので寧ろそちらの方が気にするべきなのかもしれませんね。

投稿日時 - 2020-09-11 00:27:53

ANo.3

1.(読み込みでなく)読み出しは半導体記憶素子の記録の変更を伴わないので回数は問題ありません。


2.半導体記憶素子の内容を変更するのが書き込み、内容を読み出すのが読み出し。比喩的にえば、消しゴムで消して鉛筆で書くのが書き込み、紙に触らず目で何が書いてあるか読むのが読み出し。

3.記憶素子の内容変更の回数制限だから、書き込むデーターの大きさは関係ない。

4.その通り。読むだけなら書き込みのような記憶素子の劣化は起きない。(経年劣化は別ですよ。経年劣化とは古くなればものは壊れると言うこと)

>ソフトでその音源を使って鳴らしたりするのは読み込み? 

その通り。

>ソフト上で設定(音の特徴、音量や長さなど微調整)を変えると書き込みになる?

読み出した後のデータをソフトが加工しているだけだから、書き込みは発生しません。

投稿日時 - 2020-09-10 22:24:33

お礼

ということはやはりデータ容量が多少大きくても、データの改変が行われないのであれば今まで通りSSDに保存しておいた方が良さそうですね。(SSDの容量さえ問題なければ)

投稿日時 - 2020-09-11 00:24:27

ANo.2

SSDについては確かに上限はあるが、HDD並みなので気にしなくてもOK。

あと、書き込みや読み込みは別々では無く、読み書きはそれぞれで1回です。


通常、システムにSSDを使い、データ保存用にHDDを使えばOK。

注意が必要なのが、マイクロソフト製品は、Cドライブ(SSD)へのインストールを必須としてる所かな?
なので、Cドライブ(SSD)を圧迫されやすい。

投稿日時 - 2020-09-10 21:01:55

お礼

書き込みだけでなく読み込みも多少なりとも負担がかかっているんですね。

投稿日時 - 2020-09-11 00:14:57

ANo.1

読み込み、書き込みは貴方が言うほど単純ではありません。
単純化すればソフトを起動する、データーを開くは読み込みですが、実際はデーターを開くときに作業用のファイルを作る(書き込み)など多くの読み書きがされてます

SSD
・読み書き速度が速い
・半導体の為、壊れる時は全てが一瞬で壊れ、復旧は不可能

HDD
・大容量
・磁気を変化させて書き込むので、どこかが壊れても大部分は残ってる
 だから専門業者による復旧が可能


この特徴から
SSD
OS、ソフト(アプリ)など金を出せば手に入る物をインストール
無くなっても良い仮保存の様な使い方


HDD
自分が作ったファイル、写真、メールなど無くなれば再入手できない物を保存する

この様に使います

読み書き回数から寿命何て考えてはいけない、公称では1000万回可能となっていても500万回で壊れる事もある。
だから。壊れても良い様に使い方を考えるのです。

投稿日時 - 2020-09-10 20:50:11

お礼

やはりそんな単純な事ではなく、読み込んでいるだけのつもりでも多少の書き込みもされているんですね。 データの重要性での使い分け、参考になります。

投稿日時 - 2020-09-11 00:12:37

あなたにオススメの質問